東北大学

1701物理及び化学

広視野動画撮影でとらえた赤色矮星たちの短時間閃光現象

2022-08-09 東京大学 逢澤 正嵩(上海交通大学李政道研究所 博士研究員) 樫山 和己(東北大学 准教授) 直川 史寛(物理学専攻 修士課程) 大澤 亮(天文学教育研究センター 特任助教/現:国立天文台 助教) 酒向 ...
0501セラミックス及び無機化学製品

無機化合物の2つの基本構造の共存と制御を達成~環境浄化や人工光合成の実現に向けた新たな材料設計指針を提示~

2022-08-03 京都大学 NaCl(塩化ナトリウム)に代表される岩塩型構造とCaF2(フッ化カルシウム)に代表される蛍石型構造は、無機化合物において、最も基本的な結晶構造です。また、岩塩構造の層(岩塩層)を持つ化合物や蛍石型構造...
0106流体工学

自動車表面の風圧分布を瞬時に推定する技術を開発 ~自動運転車の安全性向上と燃費削減に期待~

2022-06-24 東北大学,科学技術振興機構 ポイント 自動車が受ける風圧や風向を瞬時に推定する新しい技術を開発。 感圧塗料による実験と圧縮センシングを組み合わせ、最適化したセンシング位置での数点の圧力情報から...
0400電気電子一般

低温プロセスで接合できる耐熱200℃のナノソルダー接合材料(新規はんだ)を開発~パワーデバイスの組立工程に広く適用して省エネルギーを推進~

2022-06-21 新エネルギー・産業技術総合開発機構,パナソニック ホールディングス株式会社,東北大学,大阪教育大学,秋田大学,芝浦工業大学 NEDOの「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」で「ナノソルダー実用化による製造プロセ...
0100機械一般

安全・安心な社会のための 超音波検査のき裂測定精度向上に新指針 ~複雑な3D超音波散乱現象を解明するレーザースキャン技術の開発に成功~

2022-05-25 東北大学,科学技術振興機構 ポイント レーザースキャン3次元映像化技術を応用することで、き裂で超音波が3次元的にどのように散乱するかを捉える計測技術を開発 これまで熟練者の経験に頼っていた超音波検査条件の選定を科学...
1701物理及び化学

水/氷の界面に2種目の”未知の水”を発見! ~水の異常物性を説明する”2種類の水”仮説の検証に新たな道~

2022-05-12 産業技術総合研究所 発表のポイント 氷と水の界面に、通常の水より低密度な水を発見 密度の異なる2種類の未知の水の流れやすさの測定に成功 水の異常物性の解明と水の関わる多くの分野に影響を与える画期...
0403電子応用

磁性体の体積はスピン流で変化する~スピントロニクスを応用した精密機械の力学制御に道~

2022-05-12 東京大学 1.発表者: 有沢  洋希(東北大学 金属材料研究所 博士課程3年) 小野  崇人(東北大学 大学院工学研究科 教授) Hang Shim(研究当時:東北大学 大学院工学研究科 博士課程学生) ...
0110情報・精密機器

光がつくる電子のレンズ ~原子ひとつまで分解する電子顕微鏡の実現に向けた新技術を提案~

2022-04-11 東北大学多元物質科学研究所,科学技術振興機構 ポイント 光ビームが電子顕微鏡の探針として用いる電子ビームを絞り込む「光場電子レンズ」として機能することを幾何光学に基づいて示した このレンズが電...
1700応用理学一般

固体中の量子情報の保持時間を記述する法則を発見 ~誰でも短時間で量子ビット材料探索が可能に~

2022-04-05 東北大学,科学技術振興機構,丸文財団 ポイント 量子ビットとして使われる固体中のスピン中心の性能を決める位相緩和時間(量子情報を保持可能な時間、T2)を支配する「一般化スケーリング則」を発見した。こ...
0505化学装置及び設備

磁化サイクルを繰り返しても歪まない磁気冷凍材料を開発~安定に繰り返し使用可能な水素液化システム構築へ~

2022-04-01 物質・材料研究機構,科学技術振興機構,東北大学,高輝度光科学研究センター 1.物質・材料研究機構(NIMS)は東北大学、高輝度光科学研究センター(JASRI)と共同で、水素の液化に必要な全温度範囲(77~20...
ad
タイトルとURLをコピーしました