リチウムイオン電池

0402電気応用

蓄電池の高エネルギー密度化へ新たな方向性~リチウム金属の劣化を抑制する手法を開発~

2022-10-28 東京大学 1.発表者: コ ソンジェ(東京大学 大学院工学系研究科 化学システム工学専攻 助教) 竹中  規雄(東京大学 大学院工学系研究科 化学システム工学専攻 特任講師) 山田  裕貴(研究当時:東京大...
0405電気設備

バッテリー技術の飛躍的進歩により、手頃な価格の電気自動車の大量導入に道筋が見えた(Battery tech breakthrough paves way for mass adoption of affordable electric car)

EVのバッテリーをわずか10分で充電する新技術を研究者が開発。 Researchers develop new technique that charges EV battery in just 10 minutes 2022-10-1...
0400電気電子一般

超音波による電池の健康管理(Ultrasound for battery health)

2022-10-03 オークリッジ国立研究所(ORNL) オークリッジ国立研究所の科学者たちは、通常医療画像に関連する超音波を使用して、稼働中の電池の健康状態をチェックしている。この技術では、親指の爪ほどの小さなセンサーを使用し、自動車内...
ad
0402電気応用

電気自動車の課題である厚い電池の電極を磁場で支える(Magnetic Field Helps Thick Battery Electrodes Tackle Electric Vehicle Challenges)

2022-09-26 テキサス大学オースチン校(UT Austin) 研究者たちは、リチウムイオン電池のための新しいタイプの電極を作製し、より大きな出力とより速い充電を実現した。この電極は、電池の正と負に帯電し、機器に電力を供給す...
0402電気応用

科学者たちは、新しい方法で有望な電池材料を作り出した(Scientists use novel method to make promising battery material)

電池セルは、充放電することで電極材料が "超 "材料に変化する。 Charging and discharging a battery cell transforms its electrode material into a ​“sup...
0402電気応用

リチウムイオン電池正極の低結晶層状構造を支える2種類の支柱

2022-09-05 京都大学 下田景士 産官学連携本部特定准教授、内本喜晴 人間・環境学研究科教授、廣井慧 高輝度光科学研究センター博士研究員、尾原幸治 同主幹研究員、大石昌嗣 徳島大学准教授の研究グループは、大型放射光施設SPri...
0400電気電子一般

充電器の使い回しで充電式ライトが発火 ~本末転倒な防災準備にならないために~

2022-08-25 製品評価技術基盤機構 本件の概要 資料の概要:  独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE(ナイト))は、9月1日の「防災の日」に合わせて、充電式ライト※1を他製品の充電器で充電してしまうと発火のお...
1900環境一般

太陽電池とバッテリー技術の循環型経済を強化するために、リサイクルを超えた戦略(NREL Analysis Highlights Strategies Beyond Recycling To Bolster Circular Economy for Solar and Battery Technologies)

2022-06-27 アメリカ国立再生可能エネルギー研究所(NREL) 米国エネルギー省国立再生可能エネルギー研究所(NREL)の研究者らは、太陽光発電(PV)およびバッテリー技術の効果的な循環型経済を構築するために、リサイクルに代わる新...
0405電気設備

磁性材料が電池寿命の監視に役立つ可能性(Magnetic material could help monitor battery life)

2022-06-14 バッファロー大学(UB) A sample of the magneto-ionic material used in a new study. Credit: Douglas Levere / Univer...
0405電気設備

誘電体ナノキューブでリチウムイオン電池の充放電時間を大幅に短縮

リチウムイオン電池にチタン酸バリウム(BTO)から成るナノサイズの立方体結晶「ナノキューブ」の誘電体を使用することで、充放電時間を従来と比較して4分の1に短縮した。正極活物質のコバルト酸リチウム(LCO)にBTOナノキューブを凝集なく固定化すると、LCOへのリチウムイオンの挿入と脱離が加速し、リチウムイオン電池の充放電時間が飛躍的に短縮した。
0405電気設備

500Wh/kg級リチウム空気電池を開発~世界最高レベルのエネルギー密度を実証~

現行のリチウムイオン電池の重量エネルギー密度(ワットアワー/キログラム)を大きく上回る500ワットアワー/キログラム級リチウム空気電池を開発し、室温での充放電反応を実現しました。さらに、世界中で報告されているリチウム空気電池の性能の網羅的な調査により、NIMSが開発したリチウム空気電池は、エネルギー密度ならびに、サイクル数の観点で世界最高レベルであることを示しました。
0402電気応用

超精密中性子集束ミラーによる電極界面のナノ構造解析技術の実用化

測定精度の劇的な向上に向けた大きなマイルストーン 2020-10-28 京都大学 日野正裕 複合原子力科学研究所准教授は、山田悟史 高エネルギー加速器研究機構助教、根本文也 同特任助教(研究当時)、堀耕一郎 同共同研究研究員らの研究...
ad
タイトルとURLをコピーしました