シミュレーション

0500化学一般

コロイドの凝集過程をきわめて精密に予測

直径がnm~μm程度の大きさの微粒子(コロイド)が溶媒中で凝集していく過程を、共焦点顕微鏡を用いて1粒子分解能で3次元的に観察することに成功した。また、独自のシミュレーション手法により、実験結果をきわめて正確に再現することに成功した。
2003核燃料サイクルの技術

核融合プラズマ中の間欠的バースト現象をスーパーコンピュータにより初めて解明

核融合炉に必要なプラズマの安定運転に大きな影響を与える可能性がある間欠的バースト現象の解明に、スーパーコンピュータの能力を最大限に駆使した大規模シミュレーションで成功した。
0504高分子製品

引っ張ったグラフェンの運命を「京」により予想;絶縁体化の新たなシナリオ

「グラフェン」を等方的に引っ張ったとき、その原子構造と電子状態がどのように変わるかをシミュレーションにより解析し、従来の予想とは異なる新しいシナリオを発見した。
1204農業及び蚕糸

水田域の豪雨被害のリスクを評価する手法を開発

水田域等で将来起こりうる様々な豪雨パターンのシミュレーション手法を開発し、水田冠水を含む被害を予測し、水稲減収のリスクを評価する手法を開発した。
0703金属材料

電子状態の計算シミュレーションで産業利用価値の高い合金を設計する

原子力機構の大型計算機「ICE X」(アイス エックス)を用いて、電子状態計算に基づく計算シミュレーションによって構造材料の「割れにくさ」を向上させる合金を探索する手法を開発しました。
1802生物化学工学

ヒトの脳全体シミュレーションを可能にするアルゴリズム

次世代スーパーコンピュータ(スパコン)でヒトの脳全体の神経回路のシミュレーションを可能とするアルゴリズムの開発に成功しました。
1601コンピュータ工学

多剤排出トランスポーターの薬剤排出機構を解明

スーパーコンピュータ「京」で巨大分子機械の動きを計算 201803/12 理化学研究所/横浜市立大学/東京工業大学 要旨 理化学研究所(理研)計算科学研究機構粒子系生物物理研究チームの松永康佑研究員(JSTさきがけ研究員)、横浜市立大...
2100総合技術監理一般

企業レベルデータを用いたサプライチェーン途絶のシミュレーション:東日本大震災と南海トラフ地震

井上 寛康 (兵庫県立大学)/戸堂 康之 (経済産業研究所研究員) 本稿は、実際の自然災害、特に地震を例にとり、その直接的な被害がサプライチェーンを通じてどのように間接的に広がっていき、また回復していくのかを、実際の日本の企業レベルの...
1902環境測定

山地の雲や霧がもたらした放射能汚染を解明

航空機による広域観測と数値シミュレーションを組み合わせた解析を行い、2011年の「福島第一原発事故」の際に我が国の多くを占める山地で引き起こされた放射能汚染のメカニズムを解明しました。
タイトルとURLをコピーしました