1904環境影響評価

亜酸化窒素の排出量が40年間で40%増加し、気候変動を加速していることが研究で判明(Study Finds Nitrous Oxide Emissions Grew 40% over 40 Years, Accelerating Climate Change) 1904環境影響評価

亜酸化窒素の排出量が40年間で40%増加し、気候変動を加速していることが研究で判明(Study Finds Nitrous Oxide Emissions Grew 40% over 40 Years, Accelerating Climate Change)

2024-06-12 カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD) 1980年から2020年にかけて、温室効果ガスの一種である一酸化二窒素(N2O)の排出が減少することなく続き、2020年には主に農業の影響で1,000万トン以上が大気中に放...
深海における生物多様性を調査する手法の高度化~環境DNAと画像観察を用いて海山周辺に生息する深海性魚類を把握~ 1904環境影響評価

深海における生物多様性を調査する手法の高度化~環境DNAと画像観察を用いて海山周辺に生息する深海性魚類を把握~

2024-05-31 産業技術総合研究所 ポイント 画像観察では捉えられない、海山周辺の深海性魚種を環境DNAによって検出 天然の「大量濾過装置」であるカイメン類に、海水の環境DNAと同等の深海性魚類の検出数を確認 海洋鉱物資源開発に係る環...
長距離トラック輸送の自動化・電動化は環境への影響を軽減できるか?(Could automation, electrification of long-haul trucking reduce environmental impacts?) 1503ロジスティクス

長距離トラック輸送の自動化・電動化は環境への影響を軽減できるか?(Could automation, electrification of long-haul trucking reduce environmental impacts?)

2024-04-22 ミシガン大学 ミシガン大学の新たな研究によると、長距離トラックの自動化と電動化は都市の健康影響と環境への損害を減らすことができるとされています。300マイル以下の長距離ルートでは、電動化により大気汚染と温室効果ガスの損...
ad
無酸素状態の海洋盆地は深海炭素隔離の最有力候補のひとつである(Anoxic marine basins are among the best candidates for deep-sea carbon sequestration) 1904環境影響評価

無酸素状態の海洋盆地は深海炭素隔離の最有力候補のひとつである(Anoxic marine basins are among the best candidates for deep-sea carbon sequestration)

2024-02-15 カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB) ◆UCサンタバーバラの研究者たちは、AGU Advances誌に掲載された論文で述べたように、無酸素海洋盆地は海洋生物への負の影響を最小限に抑えながら、深海で大規模な炭素...
よりきれいな雪が将来の積雪予測を押し上げる(Cleaner Snow Boosts Future Snowpack Predictions) 1904環境影響評価

よりきれいな雪が将来の積雪予測を押し上げる(Cleaner Snow Boosts Future Snowpack Predictions)

汚染が減れば積雪量も減り、きれいになる Less pollution means a cleaner, less diminished snowpack 2023-10-12 パシフィック・ノースウェスト国立研究所(PNNL) ◆将来、クリ...
使用後プラスチックの熱分解によるプラスチックへのリサイクルのライフサイクル分析(Plastic production via advanced recycling lowers GHG emissions) 1904環境影響評価

使用後プラスチックの熱分解によるプラスチックへのリサイクルのライフサイクル分析(Plastic production via advanced recycling lowers GHG emissions)

2023-10-12 アルゴンヌ国立研究所(ANL) ◆アメリカのアーゴン国立研究所の研究によれば、使用済みプラスチック(PUP)を再リサイクルして新しいプラスチックを製造することは、温室効果ガス排出(GHG)を削減し、アメリカのリサイクル...
夏至の影響に関する研究(Study looks at summer solstice effect) 1904環境影響評価

夏至の影響に関する研究(Study looks at summer solstice effect)

2023-07-06 ワシントン大学セントルイス校 ◆新たな研究が、北方の森林における秋の葉の変色と葉落ちのタイミングに影響を与える環境要因の複雑な相互作用に光を当てました。 ◆気候変動の下で成長期が終わる時期を正確に把握することは、地球の...
気候変動に対する人為的影響の理解を深める研究(Study advances understanding of anthropogenic effects on climate change) 1904環境影響評価

気候変動に対する人為的影響の理解を深める研究(Study advances understanding of anthropogenic effects on climate change)

2023-06-30 カリフォルニア大学リバーサイド校(UCR) ◆人為的なエアロゾルと温室効果ガス(GHG)は、海洋の熱の貯留と分布に影響を与えてきた。カリフォルニア大学リバーサイド校の研究チームは、両者の効果を調査し、エアロゾルの変化が...
世界各地で灌漑がもたらすさまざまな効果を明らかにする新たな研究結果(New Study Reveals Irrigation’s Mixed Effects Around the World) 1904環境影響評価

世界各地で灌漑がもたらすさまざまな効果を明らかにする新たな研究結果(New Study Reveals Irrigation’s Mixed Effects Around the World)

2023-06-20 ニューヨーク大学 (NYU) ◆新たな研究では、国際的な研究チームによって行われた灌漑に関する分析が、世界各地の気候と環境にどのような影響を与えるかを明らかにし、灌漑の実践が持続不可能な場所と有益な場所の両方であること...
気候科学者がリスクをどのように伝えているかを評価した結果、不完全な部分と改善点が見られた(Assessment of how climate scientists communicate risk shows imperfections, improvements) 1702地球物理及び地球化学

気候科学者がリスクをどのように伝えているかを評価した結果、不完全な部分と改善点が見られた(Assessment of how climate scientists communicate risk shows imperfections, improvements)

2023-06-19 バッファロー大学(UB) ◆国際の気候科学者グループによると、将来の海面上昇に関する情報をより明確に伝える方法が改善されてきていると報告されている。科学者たちは、1990年から2021年までの間に作成された気候評価報告...
干ばつが熱帯地方でのCO2吸収をますます減少させる(Droughts increasingly reduce CO2 uptake in the tropics) 1904環境影響評価

干ばつが熱帯地方でのCO2吸収をますます減少させる(Droughts increasingly reduce CO2 uptake in the tropics)

2023-05-31 スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETHZurich) ◆植物はCO2を取り込み成長するが、水不足が増えると炭素吸収が減少することが研究で明らかになった。これは、気候変動による熱帯地域の乾燥が、炭素循環に影響を与える可...
新しい研究により、気候緩和に関する将来の健康への影響の可能性が明らかになった(New study reveals possible future health impacts related to climate mitigation) 1904環境影響評価

新しい研究により、気候緩和に関する将来の健康への影響の可能性が明らかになった(New study reveals possible future health impacts related to climate mitigation)

2023-05-18 ペンシルベニア州立大学(PennState) ◆化石燃料の使用量を減らせば大気の質が改善すると思われるが、ペンシルベニア州立大学の研究チームによると、それは単純な話ではない。彼らは約30,000のシミュレーションされた...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました