1904環境影響評価

1904環境影響評価

2060年までにアジアの一部地域で淡水貯水量が不可逆的に減少することが予測。(Irreversible declines in freshwater storage projected in parts of Asia by 2060)

チベット高原の水貯蔵に関するこれまでで最も包括的な研究では、緩やかな気候政策シナリオの下、今世紀半ばまでにアジアの一部の淡水貯蔵量が劇的に失われることが予測されています。 Most comprehensive study to date ...
1904環境影響評価

アルゴンヌの研究者がアンモニア製造の環境影響を計算する新しい方法を開発(Argonne researchers develop new way to calculate environmental impact of ammonia production)

科学者たちは、アンモニア生産をより持続可能なものにする方法を評価しています。 Scientists evaluate how to make ammonia production more sustainable. 2022-08-04...
1904環境影響評価

北極の気温は地球温暖化の4倍の速さで上昇している(Arctic temperatures are increasing four times faster than global warming)

観測された気温を分析した結果、ほとんどの気候モデルで見落とされていた過去50年間の2つのジャンプが発見された Analysis of observed temperatures finds two jumps over the past ...
1904環境影響評価

地球温暖化により変わる波浪~温暖化に伴う波浪変化リスクの高い沿岸域を解明~

2022-06-17 京都大学 森信人 防災研究所教授、志村智也 同准教授は、メキシコ自治大学、スペインカンタブリア環境水理学研究所、東京工業大学、Aon、オーストラリアMacquarie大学と共同研究を行い、地球全体の波浪の将来変化...
1904環境影響評価

排出量削減による気候変動対応の検出をスピードアップ(Speeding up detection of climate change response to emission reductions)

2022-04-14 ローレンス・リバモア国立研究所(LLNL) ローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)の気候科学者マーク・ゼリンカと共同研究者は、Nature Communicationsに掲載された最近の研究で、強力な排出削減によ...
1904環境影響評価

地熱発電所の環境影響評価を円滑化するための技術ガイドライン3件を公開

NEDOは、地熱発電の導入拡大を目指して2013年度より「地熱発電技術研究開発」に取り組んでおり、このたび、地熱発電所の冷却塔排気を対象とした環境影響評価(環境アセスメント)を効率的に実施するための技術ガイドライン3件を策定しウェブサイトに公開しました。
1702地球物理及び地球化学

CO2に対する気候感度の不確実幅が低減~国際研究チームの4年がかりの研究による成果~

2020-08-04 東京大学 東京大学大気海洋研究所の渡部雅浩教授を含む国際研究チームは、4年をかけて平衡気候感度(大気中CO2濃度倍増時の地球全体の地表気温上昇量)の評価を行い、様々な証拠を組み合わせることでその推定幅を導きました。そ...
0401発送配変電

(仮称)石狩市厚田区聚富望来風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について

2020-05-28 環境省 令和2年5月28日、環境省は、「(仮称)石狩市厚田区聚富望来風力発電事業計画段階環境配慮書」(合同会社石狩市厚田区聚富陸上発電所)に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。 本事業は、北海道石狩市に...
1200農業一般

世界の乾燥地域では、農地土壌の炭素量増加により穀物生産の干ばつ被害が軽減

世界の穀物収量と土壌データを解析し、乾燥地域1)を中心とする世界の7割の農地では、農地の土壌に含まれる炭素量が多い場所で、干ばつ被害が抑えられていることを明らかにした。
0100機械一般

日本工業規格(JIS)を制定・改正(2019年6月分) リサイクルを含めた鉄鋼製品の環境負荷…

日本工業規格(JIS)を制定・改正しました(2019年6月分)リサイクルを含めた鉄鋼製品の環境負荷評価、ステッキホルダーの保持部などのJISを制定・改正
ad
タイトルとURLをコピーしました