1904環境影響評価

1904環境影響評価

タイヤから放出されるマイクロプラスチックの秘密を解き明かす(Unraveling the secrets of microplastics released by tires)

2022-11-24 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) スイスでは、タイヤや道路の摩耗粉は、環境中に放出されるマイクロプラスチックの最大の原因の一つであるが、これらの粒子に含まれる化学物質やその影響については、ほとんど謎のままで...
1904環境影響評価

UCIによると、2014年と2020年の間に電子機器廃棄物の温室効果ガス排出量が53%急増することが判明(UCI study finds 53 percent jump in e-waste greenhouse gas emissions between 2014, 2020)

2022-10-26 カリフォルニア大学校アーバイン校(UCI) 研究者によると、電子機器とそれに関連する電子廃棄物から大気中に排出される温室効果ガスは2014年から2020年の間に53%増加し、そのうち2020年だけで580トンの二酸化...
1904環境影響評価

大気汚染は気候変動による悪影響を増幅させる(Air Pollution Can Amplify Negative Effects of Climate Change)

2022-09-23 テキサス大学オースチン校(UT Austin) 大気汚染が人間の健康、経済、農業に及ぼす影響は、汚染物質が排出される地球上の場所によって大きく異なることが、新しい研究で明らかになった。 この研究は、汚染物質が世界中...
ad
1904環境影響評価

ペロブスカイト-シリコンタンデム型 PV モジュールによる環境への影響はシリコン PV モジュールより も低い (Environmental impact of perovskite-on-silicon solar PV modules lower than silicon alone)

2022-07-11 ドイツ連邦共和国・ヘルマン・フォン・ヘルムホルツ協会(HGF) ・ ヘルムホルツセンターポツダム(GFZ Potsdam)等から成る研究チームが、ペロブスカイト-シリコンタンデム型(PST)PV モジュ...
1904環境影響評価

内水面の炭素排出量は増加傾向(Inland water carbon emissions on the rise)

2022-09-06 オークリッジ国立研究所(ORNL) ORNL scientists synthesizing research on the complex biogeochemical processes at play ...
1904環境影響評価

地球の栄養表示:一般的な市販食品57,000品目が環境に与える影響を予測(A Nutrition Label for Earth:Researchers estimate the environmental impacts of 57,000 common store-bought food products)

2022-09-06 カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB) 科学者の国際チームは、57,000以上の食品について、環境への影響を評価しました。このような情報が一般に容易に入手できるようになれば、より持続可能な食糧システムへの移行...
1904環境影響評価

気候変動:地下水位が下がると、小川や川が浸透し、飲料水が汚染される(Climate change: When the groundwater tables drop, streams and rivers seep away and pollute drinking water)

2022-08-30 フランクフルト大学 ドイツをはじめ世界各地で、気候変動によって地下水位が低下している地域がある。地下水位が低下すると、小川や川から流れ込む汚染された表流水が地下水へと流れ込むようになる。その結果、飲料水と地下水の生態...
1904環境影響評価

NRELの研究者が風力発電ブレードのリサイクル率向上への道筋を指摘(NREL Researchers Point to Path for Improved Wind Blade Recycling Rates)

2022-08-30 アメリカ国立再生可能エネルギー研究所(NREL) 風力タービンが20年の寿命を迎えれば、巨大なブレードの一部は必ず廃棄されることになる。米国の風力発電施設の90%以上は、過去10年以内に発電を開始した。2025年から...
1904環境影響評価

北極圏の気候を理解するためのギャップを埋める雪の研究(Snow research fills gap in understanding Arctic climate)

雪の分布が地形、標高、植生にどのように依存するかをモデル化することで、地球システムモデルが改善される Modeling the way that snow distribution depends on terrain, elevatio...
1904環境影響評価

2060年までにアジアの一部地域で淡水貯水量が不可逆的に減少することが予測。(Irreversible declines in freshwater storage projected in parts of Asia by 2060)

チベット高原の水貯蔵に関するこれまでで最も包括的な研究では、緩やかな気候政策シナリオの下、今世紀半ばまでにアジアの一部の淡水貯蔵量が劇的に失われることが予測されています。 Most comprehensive study to date ...
1904環境影響評価

アルゴンヌの研究者がアンモニア製造の環境影響を計算する新しい方法を開発(Argonne researchers develop new way to calculate environmental impact of ammonia production)

科学者たちは、アンモニア生産をより持続可能なものにする方法を評価しています。 Scientists evaluate how to make ammonia production more sustainable. 2022-08-04...
1904環境影響評価

北極の気温は地球温暖化の4倍の速さで上昇している(Arctic temperatures are increasing four times faster than global warming)

観測された気温を分析した結果、ほとんどの気候モデルで見落とされていた過去50年間の2つのジャンプが発見された Analysis of observed temperatures finds two jumps over the past ...
ad
タイトルとURLをコピーしました