1700応用理学一般

1700応用理学一般

炭素でできたメビウスの輪を合成 ~カーボンナノベルトにひねりが加わり裏表のない分子に~

2022-05-20 分子科学研究所 自然科学研究機構分子科学研究所の瀬川 泰知 准教授、国立大学法人東海国立大学機構 名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI-ITbM)の伊丹 健一郎 教授らは、炭素のメビウスの輪「メ...
1700応用理学一般

有機太陽電池に新たな光明(New light on organic solar cells)

2022-05-17 スウェーデン・リンショーピング大学 化石燃料を使わないエネルギー供給への移行には、効率的で環境に優しい太陽電池が必要です。リンショーピン大学の研究者らは、これまで不明であった有機太陽電池のエネルギーの流れを明らかにし...
1700応用理学一般

火星の砂嵐は、太陽熱の蓄積によるものである可能性が高いことが判明(Buildup of Solar Heat Likely Contributes to Mars’ Dust Storms, Researchers Find)

長期にわたる気候変動の痕跡は、地球が抱える気候の問題を予見している可能性がある Traces of Long-Ago Climate Change Could Foretell Earth’s Own Climate Troubles ...
1700応用理学一般

小さな原子の磁気をもっと小さな原子核の磁気と比べて測定する~強い磁石の開発に役立つ簡便で正確な「原子の磁気」の新測定法の開発~

2022-05-15 日本原子力研究開発機構,茨城大学,J-PARCセンター,総合科学研究機構,米国オークリッジ国立研究所 【発表のポイント】 磁気の強さの測定には中性子散乱が用いられます。従来は結晶構造や磁気構造を詳細に決める...
1700応用理学一般

量子コンピューターによるヒュッケル分子軌道計算

2022-05-13 東京大学 吉田 龍平(化学専攻 修士課程1年) Erik Lötstedt(化学専攻 准教授) 山内  薫 (化学専攻 教授) 発表のポイント ヒュッケル分子軌道(注1) ハミルトニアンの行列要素...
1700応用理学一般

鉱物が一瞬だけ衝撃を受けるとどうなるか

2022-05-09 高エネルギー加速器研究機構,筑波大学,大阪大学大学院工学研究科,理化学研究所,高輝度光科学研究センター 概要 大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(KEK)物質構造科学研究所、筑波大学、大阪大学大...
1700応用理学一般

量子液晶の量子臨界点が超伝導転移温度を上昇させることを解明

2022-05-09 東京大学 発表のポイント 高い超伝導転移温度(注1)を導くメカニズムとしては、磁性の量子臨界点(注2)に関連した相互作用がこれまで最もよく知られていた。 鉄系超伝導体(注3)において、量子液晶(注4)...
1700応用理学一般

新しいクロス現象理論により、最も効果的な材料を予測(Novel cross phenomena theory could predict most effective materials)

2022-05-06 ペンシルベニア州立大学(PennState) ペンシルベニア州立大学の研究者によると、新しいクロス現象の理論を応用することで、医療用超音波の改善からより効率の良い冷蔵庫まで、さまざまな用途に新材料が有効かどうかを予測...
1700応用理学一般

巨視的な遷移における速度限界の発見~連続の式に基づく統一的アプローチ~

2022-05-06 理化学研究所 理化学研究所(理研)開拓研究本部非平衡統計力学理研白眉研究チームの濱崎立資理研白眉研究チームリーダー(数理創造プログラム上級研究員)は、「巨視的な遷移」を伴うような物理的過程において有用となる「速度...
1700応用理学一般

超低エネルギーで分子の回転を止める新しい方法を開発(SWANSEA RESEARCHERS DEVELOP NEW METHOD TO STOP A MOLECULE FROM ROTATING USING ULTRA-LOW ENERGY)

2022-04-28 スウォンジー大学 スウォンジーの研究者たちは、超低エネルギーで分子の回転を止める新しい方法を開発し、分子と表面の相互作用に新たな光を当てました。 このほど、Gil Alexandrowicz教授が率いる化学科の表面...
ad
タイトルとURLをコピーしました