米国:DARPAが大気から飲料水を捕捉する技術を開発するチームを選出

ad
ad
ad
ad

DARPA Selects Teams to Capture Potable Water from Air

「政策の科学」関連海外情報(DARPA記事) 元記事公開日: 2020/12/18

大気水抽出(AWE)

国防高等研究計画局(DARPA)は、非常に乾燥した地域であっても、展開している部隊のニーズを満たすのに十分な量の飲用水を大気から捕捉する技術の開発を目的として、5つの団体(GE Research社、Physical Sciences社、Honeywell International社、マサチューセッツ工科大学、テキサス大学オースティン校)と契約を締結し、1つの政府パートナー(米国海軍調査研究所)を選出した。AWEプログラムの目標は、大気から水分を抽出するための小型、軽量、低電力、配水可能なシステムの開発を通じて、軍事、和平安定化、人道上の様々なニーズに真水を提供することである。プロジェクトでは、次世代のスケーラブルな吸着剤とプロトタイプを開発する。AWEチームは、米陸軍将来コマンドや米国空軍など政府および業界の関係者と協力して開発を進めている。
https://www.darpa.mil/news-events/2020-12-18

タイトルとURLをコピーしました