1700応用理学一般一覧

生きたヒト細胞のDNAの流動的な動きを捉えた

超解像蛍光顕微鏡を駆使して、生きた細胞内のゲノムDNAを観測し、その動きを統計的に分析した結果、ゲノムDNAの中で速く動く部分と遅く動く部分があり、それぞれ特徴的な塊を形成して、細胞の状態に応じてその比率が大きく変わることを発見した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク