AI

1204農業及び蚕糸

イネ害虫の発生調査で、専門家の目を持つAIがウンカ類を自動カウント

イネ害虫の発生調査において、調査板の画像からイネウンカ類を自動認識するAIを開発しました。ウンカ類を90%以上の精度で認識・自動カウントすることで、目視では調査板1枚当たり1時間以上かかることもある調査時間を、3~4分に短縮できます。本成果は、害虫の的確な防除や被害発生の予測に役立ちます。
0501セラミックス及び無機化学製品

人工知能により材料の構造画像を生成し、物性を予測する技術を開発

人工知能(AI)によって材料の構造画像を生成し、物性予測を可能とする技術を開発した。カーボンナノチューブ(CNT)を用いて作製した膜について、その構造画像と物性値をAIに学習させたのち、コンピューター上で2~3種類のCNTを任意の割合で混合した膜のAI画像を生成することで、CNT膜の物性値を精度よく予測することを可能にした。
0500化学一般

AI技術による新規酸化物の発見~未発見物質の合成条件もピンポイントで予測~

AI で効率的に新規物質の合成条件を予測するためのシステムを開発した。約6万通りの合成条件から、誰も発見していない新規物質であってもその合成条件を的確に予測することが可能であり、実際に2つの新規物質の合成に成功した。
0505化学装置及び設備

AIが生成した材料の構造画像を用い、物性を予測する技術を開発

人工知能(AI)によって材料の構造画像を生成し、高速・高精度で物性の予測を可能とする技術を開発した。
1603情報システム・データ工学

青果物のおいしさを非破壊的に計測~人が感じる食味・食感を直接AI学習させた光センサーを開発~

人が食べて感じる「食味」や「食感」を、AI技術で光センサーに学習させることによって、トマトの「おいしさ」を計測することに成功した。
1504数理・情報

文化やビジネス慣習によって異なる公平性を設計段階から考慮するAI開発手法Fairness by Designを開発

設計段階から公平性を考慮できるAIの開発手法 Fairness by Design(フェアネス・バイ・デザイン)を開発した。
1600情報工学一般

「ビッグデータ・AIを活用したサイバー空間基盤技術」に係るステージゲート審査の結果について

「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/ビッグデータ・AIを活用したサイバー空間基盤技術」に係るステージゲート審査の結果について 2021-01-25 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 ...
1600情報工学一般

食肉の鮮度を嗅ぎ分ける AI 駆動の「電子ノーズ」

(International research team led by NTU Singapore develops AI-powered ‘electronic nose’ to sniff out meat freshness) 20...
1600情報工学一般

ヒトやモノなどのデータの一つひとつが持つ特徴的な因果関係を発見する技術を開発

個々の患者が持つ特徴的な遺伝子や顧客一人ひとりに適したプロモーション施策の特定に活用 2020-12-17 株式会社富士通研究所 株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)は、ヒトやモノなどに関する様々なデータの一つひとつが...
0110情報・精密機器

学習するカメラ (Cameras that can learn)

2020/10/13 英国・ブリストル大学 ・ プリストル大学とマンチェスター大学が、被写体をその場で学習して認識する、AI 用のインテリジェントなカメラを開発。 ・ 画像記録用のデジタルカメラと画像描画を処理する GPU ...
ad
タイトルとURLをコピーしました