超巨大ブラックホール

1701物理及び化学

銀河の中心にあるブラックホールの初画像が公開される(Astronomers reveal first image of the black hole at the heart of our galaxy)

2022-05-12 フィンランド・アールト大学 First image of the black hole at the centre of the Milky Way. Credit: EHT Collaboration 天...
1701物理及び化学

天の川銀河の中心にある巨大な気泡は超巨大ブラックホールによる。(Massive bubbles at center of Milky Way caused by supermassive black hole)

2022-03-07 ミシガン大学 2020年、X線望遠鏡eRositaが、銀河系中心のはるか上空と下方に広がる2つの巨大な泡の画像を撮影した。 それ以来、天文学者たちはその起源について議論してきました。今回、ミシガン大学の研究者を含む...
1701物理及び化学

超巨大ブラックホールから吹く「風」の謎を解明

2020-11-19 京都大学 水本岬希 白眉センター特定助教らの研究グループは、超巨大ブラックホールから吹く「風」の謎を解明しました。 宇宙には数多くの銀河があり、その中心には超巨大ブラックホールが存在しています。ブラックホー...
1701物理及び化学

超巨大ブラックホールを取り巻くドーナツ構造の正体を暴く

観測とシミュレーションとを組み合わせた研究の結果、ブラックホール周囲のガスが放つ光の圧力で噴き上げられたガスが、重力に引かれて再び戻ってくるという一連の流れが、自然にドーナツ形を作り出していたことが判明した。
1701物理及び化学

銀河スケールに広がる壮大なガスの噴水

アルマ望遠鏡や欧州南天天文台VLT望遠鏡を使ったエイベル2597の観測により、超巨大ブラックホールによってガスが引き込まれ、そして噴き出すという一連のサイクルがはっきりととらえられた。
1701物理及び化学

超巨大ブラックホールの遠吠えが放つニュートリノと電磁波の競演

宇宙から飛来する超高エネルギーニュートリノが検出され、到来方角が特定された。その方角に可視光線で明るくなった天体が捉えられた。銀河中心核の超巨大ブラックホールに物質が落ち込み、大量のエネルギーを放射する「ブレーザー」でした。
1700応用理学一般

活動的な超巨大ブラックホールを取り巻くガスと塵のドーナツ

アルマ望遠鏡を使って渦巻銀河M77の中心核を観測し、超巨大ブラックホールをドーナツ状に取り巻く半径およそ20光年の分子ガスをとらえた。
ad
タイトルとURLをコピーしました