衛星データ

1206農村環境

地上から空、宇宙まで。耕起の推定が技術的に向上(From ground to air to space: Tillage estimates get tech boost)

2023-01-23 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 米国農務省の全国統計によると、不耕起と保全耕起は増加傾向にあり、トウモロコシと大豆農家の4分の3以上が土壌侵食を減らし、土壌構造を維持し、燃料を節約するためにこれらの方法を選...
0303宇宙環境利用

衛星データと計算による世界の降水予報

理研とJAXAのwebで5日後までのリアルタイム降水予報を公開 2020-08-20 理化学研究所,千葉大学,東京大学,宇宙航空研究開発機構 理化学研究所(理研)、千葉大学、東京大学、宇宙航空研究開発機構(JAXA)らの国際共同研究...
0303宇宙環境利用

AI向けクラウドABCIで処理した衛星のレーダー画像をカラー化し公開

地表面の状態に応じて色分けした画像を地球規模で作成し、一目で理解可能に 2020-05-22 産業技術総合研究所 ポイント ABCIでPALSARの全データの画像処理を行い、地表面の状態を表すカラーレーダー画像を公開 オ...
1101大気管理

宇宙から見たオーストラリアの大規模森林火災

オーストラリアの大規模森林火災を複数の衛星データを用いて多角的に解析した結果を紹介。
0303宇宙環境利用

衛星データをAIにより解析する手法の研究開発を開始

大規模AIクラウド計算システム(ABCI)を用いて、JAXAが保有する大量の衛星データを自動解析する人工知能(AI)技術の研究開発を開始する。
0303宇宙環境利用

地球観測衛星による雨及び雹データ等を活用したパナソニック社サイト「Rain Power Graph」が公開

衛星データの民間利用推進を目的に数種類の衛星データを提供し、それらをもとにパナソニック株式会社 エコソリューションズ社の雨とい事業60周年記念サイト「Rain Power Graph」が公開された。
0303宇宙環境利用

衛星ビッグデータと世界位置情報を統合解析する手法を世界で初めて開発

衛星ビッグデータを世界位置情報と紐付ける世界メッシュコードと呼ぶデータ形式を世界で初めて開発し、世界メッシュコードと衛星ビッグデータが紐付いた統計解析データを高速に生成する新アルゴリズムの開発に成功した。
ad
タイトルとURLをコピーしました