統合失調症

スポンサー
90医学

統合失調患者の主体性に関する簡易評価ツール(尺度)の開発

国際的に求められる精神科の当事者参画研究の事例として 2020-04-13 国立精神・神経医療研究センター 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP、東京都小平市 理事長:水澤英洋)、精神保健研究所(所長:金吉晴)...
90医学

統合失調症の脳で特定の脂質が低下~創薬の新たな切り口として期待~

統合失調症の脳内白質において、スフィンゴ脂質の一種でシグナル分子としても重要な「スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)」の含量が低下していることを発見した。
1600情報工学一般

脳機能的結合から統合失調症・自閉症の判別法を開発し、両者の関係も明らかに

脳MRIによる脳機能的結合と人工知能技術から疾患を特徴づける症状や行動など重複の多い統合失調症と自閉症の判別法を開発した。統合失調症には自閉症の傾向があるのに対して、自閉症には統合失調症の傾向がないことが明らかになった。
1802生物化学工学

統合失調症における脳予測性の障害メカニズムの一端を解明

ミスマッチ陰性電位を計測する際に、通常用いられるオドボール課題)に加えて、メニースタンダード課題を用いることで、統合失調症のミスマッチ陰性電位の低下が、脳予測性に関連する成分の障害に由来することを明らかにした。
90医学

統合失調症のワーキングメモリーに対する 経頭蓋直流刺激の効果を統計的に実証

経頭蓋直流電気刺激(transcranial direct current stimulation, tDCS)が統合失調症の認知機能、とりわけワーキングメモリーの改善に有効であることを、メタ解析法を用いて実証した。
1801細胞遺伝子工学

キネシン分子モーターKIF3Bの遺伝子異常は統合失調症の原因となる

キネシン分子モーターKIF3B(神経系に多く発現するキネシンスーパーファミリータンパク質の一種)の異常が統合失調症の分子的基盤になることを発見した。
1801細胞遺伝子工学

硫化水素の産生過剰が統合失調症に影響~創薬の新たな切り口として期待~

脳内の硫化水素の産生過剰が統合失調症の病理に関係していることを発見した。硫化水素というシグナル分子を標的とした、統合失調症に対する新たな創薬の切り口になると期待。
1801細胞遺伝子工学

酸化ストレスによる統合失調症の発症メカニズムを解明

カルボニルストレスを伴う統合失調症においてCRMP2タンパク質がカルボニル化修飾を受けて多量体化し、その細胞骨格の制御機能を失うことが疾患発症の分子基盤の1つである可能性を示した。
1802生物化学工学

統合失調症の新しい治療薬候補の発見

天然代謝産物ベタイン(トリメチルグリシン)が統合失調症の新しい治療薬候補になり得ることを発見した。
1801細胞遺伝子工学

統合失調症の予測モデルを構築!―バイオマーカーの実用化に期待―

統合失調症患者と健常者の末梢血液からヒトリンパ芽球様細胞株を作製して、タンパク質の発現変化を網羅的に解析した結果、統合失調症のバイオマーカー候補となるタンパク質を複数同定した。
スポンサー
タイトルとURLをコピーしました