火山灰

口永良部島2019年1月17日噴火の堆積物調査結果 1702地球物理及び地球化学

口永良部島2019年1月17日噴火の堆積物調査結果

口永良部島新岳2019 年1 月17 日噴火について、防災科学技術研究所では屋久島・種子島での堆積物現地調査を1 月18 日~20 日にかけて行い降下火山灰噴出量の推定を試みた。
新燃岳2018年3月噴火に伴い3月9日~10日に噴出された火山灰 1703地質

新燃岳2018年3月噴火に伴い3月9日~10日に噴出された火山灰

3月9日16:00頃の爆発による火山灰、3月9日夜~10日早朝にかけて堆積した火山灰、10日午後に採取した火山灰を実体顕微鏡で観察した結果、三試料中ともに3月6日午後~7日午前に多く見られた軽石状粒子の割合が大きく減少し、発泡に乏しい角張った粒子の割合が増加していることが分かった
ad
タイトルとURLをコピーしました