日本医療研究開発機構(AMED)

90医学

抗がん剤治療による悪心・嘔吐の新しい制吐療法標準制吐療法を上回る試験結果に

抗がん剤の治療による悪心(吐き気)・嘔吐(吐くこと)を抑える新たな制吐療法の有用性を、医師・薬剤師主導の第3相ランダム化比較試験:J-FORCE試験(J-SUPPORT 1604)で明らかにした。
90医学

パーキンソン病前駆期の動物モデルを作製~発症予防や進行抑制に向けた治療法開発の貢献に期待~

PD(パーキンソン病)前駆期のモデル動物の作製に成功した。本マウスは、PDの発症予防や進行抑制を目的とした治療薬の開発のための動物モデルとして有用、創薬におけるPD発症前あるいは超早期PDに対する治療の標的と分子の発見にも貢献が期待。
1801細胞遺伝子工学

リソソームが成体神経幹細胞を制御するメカニズムを解明

成体脳内の神経幹細胞の増殖・休眠がリソソーム活性の変動によって制御されていることを見いだした。
1700応用理学一般

分子ナノシステムの設計から筋収縮の原理を解明~心筋症における精密医療への応用に期待~

筋収縮の機能単位であるサルコメア構造の一部となる分子ナノシステムを設計し、収縮中のモーター分子の動態を世界最高の解像度で直視することに成功した。
90医学

線維性被膜が薄いプラークへのEPAの優先的な取り込み~魚油の抗動脈硬化作用の解明に貢献~

動脈硬化モデルマウスに経口投与したEPA(エイコサペンタエン酸)が、線維性被膜の薄いプラークに優先的に取り込まれることを見出した。
1801細胞遺伝子工学

がん抑制遺伝子が不活性化される新たなメカニズムの発見

エピゲノム異常と呼ばれる現象の一因となる酵素群(EZH1とEZH2)の複雑な働きを紐解き、多くのがん抑制遺伝子が不活性化される新たなメカニズムを発見した。
90医学

バイオ3Dプリンタで作製した「細胞製人工血管」を移植する再生医療の臨床研究を開始

バイオ3Dプリンタを用いて作製した「自家細胞製人工血管」を世界で初めてヒトへ移植する再生医療の臨床研究を開始する。
1801細胞遺伝子工学

オートファジーを選択的に制御できるAUTAC分子の発明

オートファジーの創薬への応用を容易にする新分子AUTAC(autophagy-targeting chimera:オータック)を発明した。AUTACは、細胞内に存在する特定の物質を狙い撃ちすることによって、選択的にオートファジーで分解する。
1801細胞遺伝子工学

腸内微生物叢の全ゲノム解析により関節リウマチ患者の腸内細菌の特徴が明らかに

日本人集団の関節リウマチ患者と健常者の腸内微生物叢が持つゲノム情報(メタゲノム)から、菌種や遺伝子、パスウェイなどの情報を網羅的に解析するメタゲノムワイド関連解析を実施した結果、関節リウマチ患者由来のメタゲノムにはPrevotella(プレボテラ)属に属する複数の種の増加や酸化還元反応に関連する遺伝子の減少など、特異的な変動が生じていることを明らかにした。
90医学

低炭水化物食や断続的断食による減量メカニズムの解明~ケトン体の新たな受容体を発見~

低炭水化物食や断続的断食がもたらす体脂肪重量の効率的な減少効果に、飢餓のようなエネルギー不足時にグルコースの代替エネルギー源として産生されるケトン体の一種であるアセト酢酸とその受容体、腸内環境の変化が密接に関わっていることを明らかに。
タイトルとURLをコピーしました