日本医療研究開発機構(AMED)

1100衛生工学一般

下水中の新型コロナウイルス濃度から感染者数を推定するための数理モデルを構築

下水中の新型コロナウイルス濃度を用いて、下水集水域に存在する感染者数を推定するための数理モデルを構築した。
0110情報・精密機器

脳の宇宙を捉える顕微鏡~世界初、多領域にまたがる神経ネットワークのエコ特性を発見~

広視野・高解像度・高速撮像・高感度・無収差を同時に満たす世界初の2光子顕微鏡「FASHIO-2PM(fast-scanning high optical invariant two-photon microscopy)」を開発した。
1504数理・情報

汎化能力を最大化する特徴抽出~信頼性・説明可能性の高いデータ予測~

将来の入力を予測するために最も有益な成分を抽出する教師なし学習手法を予測誤差最小化の観点から数理的に導き、「PredPCA(予測主成分分析)」と名付けた。
0502有機化学製品

DISC中分子ライブラリーのアカデミアへの提供~BINDSワンストップ窓口での申請で利用可能に~

2021-02-19 日本医療研究開発機構 発表のポイント これまで創薬総合支援事業(創薬ブースター)での支援が決定したテーマに限定されていた、DISCライブラリーのうち、中分子ライブラリーについてアカデミアでの利用が可能になり...
1604情報ネットワーク

スーパーコンピュータ内のゲノム解析情報がより身近に

2020-09-17 東北大学東北メディカル・メガバンク機構,日本医療研究開発機構 発表のポイント 東北メディカル・メガバンク計画で構築した大規模な情報を、より多くの研究者が使えるようアクセス環境を整備しました。 ...
0502有機化学製品

1細胞RNA解析で世界最高成績~国際的な性能比較研究で証明~

「高出力型1細胞RNAシーケンス法」1細胞RNA-seq法の中で世界的に主要な13手法の開発者・企業が参加し、その性能を比較する研究が実施された。研究チームが開発したQuartz-Seq2が総合的な性能スコアで世界最高成績を収めた。
1603情報システム・データ工学

大規模ゲノムの機械学習手法により日本人集団の地域による多様性を解明

ゲノムデータに機械学習を応用し、地域ごとの詳細なゲノムの多様性を視覚的に明らかにする手法を発表した。
0502有機化学製品

難治性の傷を治す人工タンパク質を開発~産官学連携で医師主導治験を経て企業治験へ~

糖尿病性皮膚潰瘍等に代表される治りにくい創傷(慢性創傷)を治療する目的で、人工タンパク質シルクエラスチンで作製された新規治療材料シルクエラスチンスポンジを開発。医師主導治験を行い安全性を確認した。
0502有機化学製品

脳機能を担うAMPA受容体をヒト生体脳で可視化

脳の機能を担う最重要分子であるAMPA受容体を、生きているヒトの脳で可視化する陽電子断層撮影(Positron Emission Tomography: PET)用のトレーサー(化合物)の開発に成功した。
91教育

ひきこもり者の家族向け教育支援プログラムの開発―ひきこもりの長期化打開に一歩前進―

2020-01-15 九州大学,福岡市,宮崎大学,岩手医科大学,日本医療研究開発機構 「社会的ひきこもり(以下、ひきこもり)」は、6ヶ月以上にわたり就労・学業など社会参加を回避し自宅に留まっている現象であり、うつ病など精神疾患の併...
ad
タイトルとURLをコピーしました