多波長観測

1701物理及び化学

惑星誕生のゆりかごを揺らす飛来天体

すばる望遠などを用いた多波長観測により、若い星系に飛来した天体が原始惑星系円盤を乱す様子が明らかにされました。星系への「侵入者」が原始惑星系円盤に作用する様子を包括的に調べた観測は本研究が初めてです。
1701物理及び化学

多波長観測が描き出した、銀河団の衝突による超高温ガス

2020-11-12  (ハワイ現地時間) 国立天文台 最終更新日:2020年11月12日 銀河団の大衝突によって、周囲のガスが4億度もの超高温に加熱されている様子が、可視光、X線、電波を用いた多波長観測で明らかにされました。宇宙の...
ad
タイトルとURLをコピーしました