国立がん研究センター

0502有機化学製品

臨床検体を用いた抗体検出試薬の性能評価に関する報告

国立がん研究センター、国立国際医療研究センター、シスメックスが国立高度専門医療研究センター医療研究連携推進本部の支援のもとSARS-CoV-2抗体検査法の臨床性能評価を実施 2020-06-11 国立がん研究センター,国立国際医療研究セン...
0502有機化学製品

リキッドバイオプシーによるがん個別化医療の実現を目指す新プロジェクト

「CIRCULATE-Japan」始動 / 見えないがんを対象にした世界最大規模の医師主導国際共同臨床試験を開始 2020-06-10 国立研究開発法人国立がん研究センター,国立研究開発法人日本医療研究開発機構 発表のポイント ...
1603情報システム・データ工学

疾患発症に関わる日本人の遺伝的特徴の解明~日本人21万人のゲノム解析により遺伝的変異を検索~

2020-06-09 理化学研究所,東京大学,東京医科歯科大学,岩手医科大学いわて東北メディカル・メガバンク機構,東北大学東北メディカル・メガバンク機構,国立がん研究センター,名古屋大学,日本医療研究開発機構 理化学研究所(理研)生命...
1603情報システム・データ工学

最大規模の横断的がんゲノム解析による新規発がん機構の解明~がんゲノム医療への応用が期待~

症例数6万例(150がん種以上)を超える大規模ながんゲノムデータについて、スーパーコンピューターを用いた遺伝子解析を行い、同一がん遺伝子内における複数変異が相乗的に機能するという新たな発がんメカニズムを解明した。 
0502有機化学製品

細胞不死化酵素「テロメラーゼ」に新しいがん化機能を発見、全く新しいタイプのがん治療法の開発を期待

細胞不死化酵素として知られているテロメラーゼに、細胞のがん化に深く関わる別の新機能があることを明らかにした。肝臓がんや膵臓がんのうちでも悪性度が高いものほど活発であること、その機能を保持するスイッチのオン・オフに関する機序の解明にも成功。
0502有機化学製品

疾患と関わる血液中の酵素活性異常を「1分子」レベルで見分ける技術の開発

血液中の酵素を「1分子」レベルで区別して検出する新たな方法論を開発し、疾患と関わる酵素活性異常を超高感度に検出する病態診断法の可能性を示した。
1600情報工学一般

産業利用可能な内視鏡手術動画のデータベース構築に向けたプロジェクト「S-access Japan」始動

人工知能(AI)を用いた手術支援システムの導入に向けた、開発基盤を整備するため、産業利用可能な高品質の手術動画データベースを構築するプロジェクト「S-access Japan(サクセスジャパン)」を開始した。
1600情報工学一般

世界規模の国際ネットワークによる最大のがん種横断的全ゲノム解読

国際共同研究によって、過去最大の38種類のがん、2,658症例のがん全ゲノム解読データが統合解析された。ヒトゲノムの約99%を占める非コード領域における新たなドライバー異常など、ヒトがんゲノムの多様な全体像が明らかに。
1600情報工学一般

AIを用いた超音波検査における影の自動検出 ラベルなしデータ学習で胎児心臓スクリーニング技術に進展

今回、共同研究グループは、機械学習の一つである深層学習(ディープラーニング)によるラベルなしデータでの学習により、影を自動検出する新手法を開発し、従来手法に比べて高精度に影を検出できることを確認した。
1600情報工学一般

AIを用いた超音波検査における影の自動検出

超音波検査に人工知能(AI)技術を適用する上で、大きな課題の一つである「影」の検出に関して、効率的な新技術を開発した。
ad
タイトルとURLをコピーしました