カーネギーメロン大学

1700応用理学一般

高エネルギーX線散乱によりリチウム過剰系正極材料に特徴的なアニオンの酸化還元軌道を可視化

大型放射光施設SPring-8の高輝度・高エネルギー放射光X線を用いた散乱実験と理論計算との併用から、リチウム過剰系正極材料の電子状態を明らかにし、高容量化の鍵となる特徴的な酸素(O)アニオンの酸化・還元軌道の可視化に成功した。
0110情報・精密機器

ヒトの皮膚機能に匹敵するロボット用のソフトな触覚センサー

ヒトの皮膚機能に近づいたソフトなタクタイル(触覚)センサーを開発。新触覚センサーは、表層面が約 0.5mm の薄さのフレキシブルな磁性フィルムで、実際の皮膚のように複数の層より構成される。
0502有機化学製品

AIが CO2 のアップリサイクルを支援 (AI helps researchers up-cycle waste carbon)

2020/5/13 カーネギーメロン大学 ・ カーネギーメロン大学とトロント大学の研究チームが、CO2 をエチレンに転換する新しい触媒の鍵となる材料開発の能率の向上を目指し、人工知能(AI)を活用。 ・ その結果得られた...
1600情報工学一般

こまやかな表情変化を高精度に検出するAI表情認識技術を開発

検出モデル学習に、顔を正面から撮影した基準となる画像に近づける入力画像変換処理や、AU検出に影響する領域をAUごとに分析することで、高い検出精度を実現。これらにより、こまやかな表情の変化を高精度に検出可能なAI表情認識技術を開発した。
0109ロボット

ソフトセンサーの課題のエレガントな解決方法 (An elegant solution to the soft sensing challenge)

(An elegant solution to the soft sensing challenge)単一のタクタイル(触感)センシング素子を備えたソフトなマグネティックスキンを開発。
0109ロボット

遺伝子組換えバクテリアで物質を感知するロボットアーム

遺伝子組換え細菌を埋め込んだロボットアームで化学物質を感知する技術を開発し、生体ベースのソフトロボットを概念実証。
ad
タイトルとURLをコピーしました