2005放射線防護

スポンサー
2005放射線防護

廃炉の迅速化を可能にする高線量環境の炉内線量計測を開発

革新的な発光体材料の開発と高線量下での放射線計測への応用 2020-07-03 京都大学  田中浩基 複合原子力科学研究所准教授、黒澤俊介 東北大学准教授(兼・山形大学客員准教授)、小玉翔平 同博士課程学生、林真照 三菱電機株式会社グル...
2002原子炉システムの運転及び保守

汚染水の浄化処理設備で発生する廃棄物の安定化処理の計画

2020-06-19 東電廃炉プロジェクト Ⅰ.汚染水の浄化処理で発生する廃棄物 福島第一原子力発電所では、汚染水に含まれる放射性物質を低減するため、各種装置による浄化 処理を行い、「多核種除去設備等処理水(以下、『処理水』)」としてタン...
2005放射線防護

汚染水の浄化処理設備で発生する廃棄物の安定化処理の計画

2020-06-19 東電廃炉プロジェクト Ⅰ.汚染水の浄化処理で発生する廃棄物 福島第一原子力発電所では、汚染水に含まれる放射性物質を低減するため、各種装置による浄化 処理を行い、「多核種除去設備等処理水(以下、『処理水』)」として...
2000原子力放射線一般

放射性物質の様々な条件の大気拡散計算を高速化~新開発の「WSPEEDI-DB」で計算時間が1/100に!~

2020-06-11 日本原子力研究開発機構 【発表のポイント】 従来の大気拡散予測システムWSPEEDIは、福島第一原子力発電所事故を契機に高度化し詳細解析を行い、また北朝鮮による核実験時の拡散予測に応用されてきた。しかし、高度な予測モ...
1602ソフトウェア工学

放射性物質の様々な条件の大気拡散計算を高速化

~新開発の「WSPEEDI-DB」で計算時間が1/100に!~ 2020-06-11 日本原子力研究開発機構 【発表のポイント】 従来の大気拡散予測システムWSPEEDIは、福島第一原子力発電所事故を契機に高度化し詳細解析を行...
2005放射線防護

福島の居住環境をモデル化し空間線量率の分布を予測する

3D-ADRES とPHITS を用いて1F 付近の一つにおける地区の空間線量率の分布を計算し、家屋や樹木、地面の舗装の有無等がその分布にどのような影響を及ぼすかを調べた。
2005放射線防護

詳細な放射線量マップを作り、より現実的に被ばくを評価する

復興拠点における(1)無人ヘリコプターによる面的な空間線量率分布状況の把握、(2)大気浮遊塵の採取と放射能濃度の測定、(3)外部・内部被ばくの評価等を実施している。
2005放射線防護

空からスピーディに、正確に、放射線を測る~上空からの放射線測定値換算技術の高度化~

上空で測定された放射線測定値について、地上各地点から上空の各測定点に至る個々の経路における放射線の減衰効果を考慮できる逆問題解析手法を用いて、地形の凹凸及び森林の遮へい等の効果を考慮した解析手法を開発した。
2005放射線防護

海洋深層への放射性物質の移行を探求する~鉛直方向の濃度分布から深層への沈み込みを解明~

放射性物質が深層にどのように移行するかについて調べ、事故で放出された放射性物質が黒潮続流の蛇行の影響により急激に沈み込むという、海洋学上の新たな知見の発見につながった。
2005放射線防護

試料を採取せずに池底のセシウム分布解明へ~ため池底質中放射性セシウムの深さ分布の可視化~

福島県内の64 のため池内の合計253 ヶ所で、同じ場所のγ 線スペクトルの特性と、底質試料中Cs 濃度の深さ分布データの比較実験を実施した。放射線検出器は、NaI(Tl)シンチレーション検出器(A-Sub)を用いた。
スポンサー
タイトルとURLをコピーしました