2005放射線防護

2005放射線防護

中性子線の発がん影響の強さを正確に評価する方法を確立

発がんにおける中性子線の影響を正確に評価する方法を開発し、中性子線によるがんの発生リスクが同じ線量のガンマ線に比べて高くなることを、データとして示すことに成功した。
0502有機化学製品

計算化学を駆使して地衣類が放射性セシウムを保持する謎に迫る

地衣類が合成する代謝物の一部が放射性セシウムの保持に関係すると考え、福島県内で観察されるウメノキゴケやキウメノキゴケなどの地衣類が産する5つの代謝物とセシウムが作る錯体形成力を世界で初めて量子化学計算手法を駆使して求めることに成功した。
2005放射線防護

核物質を非破壊で確実に検知~低コストで可搬性に優れた核物質検知装置の原理実証実験に成功~

放射線源を高速回転させて放射線の強度を疑似的に変化させる放射線発生器(回転照射装置)を開発した。
2005放射線防護

廃炉現場の汚染分布を3次元マップで”見える化”

放射性物質を可視化するコンプトンカメラに、サーベイメータおよびレーザ光を利用した3次元空間認識デバイスを組み合わせることにより、汚染箇所や空間線量率を見える化した3次元マップを描画するシステム(iRIS)を開発した。
1206農村環境

除染後畑地のスギナ防除対策

放射性物質で汚染された農地の除染作業が進み,多くの農地で営農再開に向けた保全管理が⾏われている。除染後農地で円滑に耕作を再開するためには,除染前に侵⼊・繁茂してしまった⼤型の雑草を適切に駆除する必要がある。農研機構では,除染後農地の雑草対策に利⽤可能な管理技術の開発を進めてきた。
1602ソフトウェア工学

AIが放射線マップを賢く作成~福島での放射線測定のビッグデータを活用~

2021-01-29 日本原子力研究開発機構,名古屋大学 【発表のポイント】 これまで放射線測定データを解析し、線源分布などを推定するには、多くの情報を考慮した解析作業と、それに伴う多くの計算時間が必要でした。 一方、東京...
0110情報・精密機器

放射線量の推移がその場でわかるIoT対応放射線線量計

長期間にわたり多数の線量計のモニタリングと正確性の維持が可能なシステム 2021-01-27 産業技術総合研究所 ポイント 放射線量の時間推移を本体ディスプレーや情報端末によりその場で確認できる ボタン電池1個で電池交換...
2005放射線防護

汚染時に作業者を速やかに退避させる高機能・簡単組立テントを開発

原子力施設の緊急時の安全対策強化に貢献 2021-01-22 日本原子力研究開発機構 【発表のポイント】 施設内で放射能汚染が発生した際、状況に応じて汚染が発生した部屋等の出入口に汚染拡大防止用の密閉テント(グリーンハウス、以下GHと...
2005放射線防護

森林内の放射線量を決めている要因をシミュレーションにより解明

2017年以降、森林の放射線量の大半が土壌表層5cm内の放射性セシウムに由来することが判明 2021-01-20 日本原子力研究開発機構 【発表のポイント】 森林は福島県土の70%程度を占めるため、森林内の放射線量の経時変化は...
2000原子力放射線一般

米国:エネルギー省によるハンフォードでのタンク内放射性廃棄物処理に向けた重要な進捗

U.S. Department of Energy Delivers on Key Step Toward Tank Waste Treatment at Hanford 「政策の科学」関連 海外情報(DOE記事) 元記事公開日: 202...
ad
タイトルとURLをコピーしました