20原子力・放射線部門

スポンサー
2005放射線防護

試料を採取せずに池底のセシウム分布解明へ~ため池底質中放射性セシウムの深さ分布の可視化~

福島県内の64 のため池内の合計253 ヶ所で、同じ場所のγ 線スペクトルの特性と、底質試料中Cs 濃度の深さ分布データの比較実験を実施した。放射線検出器は、NaI(Tl)シンチレーション検出器(A-Sub)を用いた。
2005放射線防護

森林から渓流・河川へ、放射性セシウムはどう動くのか

99% 森林地帯の太田川上流域(南相馬市及び浪江町)を対象に、流域水循環モデル(GETFLOWS)を用いた水、土砂及びCs 移動の数値解析を行い、実測値と解析結果の比較を通じて、上流域での溶存態Cs 流出の現象理解を進めた。
2004放射線利用

宙に浮く水素イオン?!~大型タンパク質の中性子結晶構造解析で見えた特異な世界~

大強度陽子加速器施設(J-PARC)、物質・生命科学実験施設(MLF)の茨城県生命物質構造解析装置(iBIX)を用いた実験により、銅アミン酸化酵素の高分解能中性子結晶構造解析に成功した。
2000原子力放射線一般

河川の放射性セシウム濃度、減少続く~過去 3 年にわたる連続的な調査結果から~

事故後4〜7年にかけて、福島県南相馬市の太田川と浪江町の請戸川における毎月の放射性セシウム137濃度を観測し、その時間変化を明らかにした。
2005放射線防護

廃止措置のためのロボットシミュレータの開発

福島1F廃止推進に寄与するため、シミュレータを用いたドローンの操縦訓練に必要なドローンの飛行挙動を 模擬する機能の開発と仮想空間にそのシミュレーションの様子を実物大投影して、目視によるドローンの操縦訓練を行うシステムの構築を行った。
2004放射線利用

100万気圧4000度の極限条件下で液体鉄の密度の精密測定に成功

大型放射光施設SPring-8を利用して、地球の液体金属コアの主成分である液体鉄の密度を、100万気圧4000度という、コアの環境とほぼ同じ超高圧高温の極限条件下で決定することに成功した。
2001原子炉システムの設計及び建設

遂に組立完了 世界最大の核融合超伝導トカマク型実験装置JT-60SA

日欧共同で茨城県那珂市において建設を進めてきた世界最大の核融合超伝導トカマク型実験装置JT-60SAの組立が完了。今後、初プラズマ着火を含む統合試験運転(コミッショニング)へ移行する。
2003核燃料サイクルの技術

核融合炉のダイエットに成功~トポロジー最適化でコイル支持構造物をスリムに~

ヘリカル型核融合炉のコイル支持構造物について、トポロジー最適化により、強度に影響を与えない部分を取り去る方法を用い、総重量を約25%低減することに成功した。
2003核燃料サイクルの技術

経済的核融合炉を実現するプラズマの高精度予測が可能に~高圧力プラズマの保持をシミュレーション再現

従来の計算で考慮されていなかった、多数のイオンの運動の違いを取り入れるという精密な計算を「プラズマシミュレータ」(スーパーコンピュータ)を駆使して実行し、LHDの高圧力プラズマの保持を再現することに初めて成功した。
2003核燃料サイクルの技術

電子温度1億5,000万度イオン温度8,000万度のプラズマを実現

大型ヘリカル装置(LHD)の重水素プラズマ実験で、電子温度1億5,000万度の高性能プラズマを生成することに成功した。
スポンサー
タイトルとURLをコピーしました