2001原子炉システムの設計及び建設

スポンサー
2001原子炉システムの設計及び建設

人工ダイヤモンドを用いた高エネルギーイオン閉じ込め研究~高性能計測システムの開発~

2020-08-05 自然科学研究機構,核融合科学研究所  将来の核融合炉では、核融合反応により生成された高エネルギーイオンがプラズマを加熱する役割を担うため、高エネルギーイオンをプラズマ中に良好に閉じ込めることが必要不可欠です。このため...
2001原子炉システムの設計及び建設

遂に組立完了 世界最大の核融合超伝導トカマク型実験装置JT-60SA

日欧共同で茨城県那珂市において建設を進めてきた世界最大の核融合超伝導トカマク型実験装置JT-60SAの組立が完了。今後、初プラズマ着火を含む統合試験運転(コミッショニング)へ移行する。
2001原子炉システムの設計及び建設

原子力施設の「ゆれ」をとらえる~より高精度な耐震安全性評価のための大規模観測システムを構築~

原子炉建家などの原子力施設の耐震安全性をより高い精度で評価することを目的とし、原子力規制庁と共同で、自然地震と人工波の観測を組合せた大規模観測システムを構築した。
2001原子炉システムの設計及び建設

スーパーコンピュータで磁気再結合によるプラズマ加熱を再現

磁気再結合は、太陽フレアやオーロラを引き起こしているとともに、宇宙の至る所で起きる普遍的な現象だと注目されている。
0107工場自動化及び産業機械

狭い空間に適用可能な管内レーザ溶接技術を開発

核融合炉内機器用の冷却水配管を配管の内側からレーザを用いて溶接する技術を拡張し、配管を確実に溶接できる技術を開発した。
2000原子力放射線一般

ジオポリマー廃棄体照射時の水素発生について

On the hydrogen production of geopolymer wasteforms under irradiation,ジオポリマー中の拡散係数が既知であれば、モデルは水素放出量を水飽和度の関数として再現でき、試料サイズ40cmまでの放出量を予測できることがわかった。
2000原子力放射線一般

成果普及情報誌「原子力機構の研究開発成果2019-20」を掲載

原子力機構が日々取り組んでいる研究開発で得られた最新成果の代表的なものを紹介。2019-10
2000原子力放射線一般

核融合エネルギーの発電実証に向けた原型炉の基本概念を明確化

フランスに建設が進む国際熱核融合実験炉(ITER)の技術基盤に、産業界の発電プラント技術や運転経験等を取り込み、ITERの目標達成後21世紀中ごろに発電実証を行うための日本独自の原型炉の基本概念を明確にした。
2000原子力放射線一般

高圧熱流動実験ループ(HIDRA:ハイドラ)による 軽水炉炉心熱伝達実験の開始

新規制基準で要求される厳しい熱水力条件における炉心冷却性能の評価に関し、その解析手法や熱水力現象のメカニズム解明を目的として製作した高圧熱流動実験ループ(HIDRA)を用いて新たな実験を開始した。
2001原子炉システムの設計及び建設

高速炉を冷やしてまもる 熱と流れの複雑現象をナトリウム試験で解明

ナトリウム試験装置(PLANDTL-2)を用いたナトリウム試験を実施し、原子炉容器内部に設置した冷却器による炉心崩壊熱除去システムの有効性の実証と、それを評価する数値シミュレーションの予測精度を大幅に向上させるデータの取得に成功した。
スポンサー
タイトルとURLをコピーしました