2000原子力放射線一般

スポンサー
2000原子力放射線一般

日本原燃(株)に再処理事業所における再処理の事業の変更を許可

202007-29 原子力規制委員会  原子力規制委員会は、核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律第44条の4第1項の規定に基づき、日本原燃株式会社から平成26年1月7日付けで申請(平成26年5月30日付け、平成26年8月29...
99未分類

J-PARCにおける大強度陽子ビーム制御技術の開発

非線形光学を駆使したビーム整形法でターゲットの損傷を軽減、施設の安全運転に貢献 2020-07-22 日本原子力研究開発機構,J-PARCセンター,高エネルギー加速器研究機構 【発表のポイント】 大強度の陽子ビームに晒されるJ-...
2000原子力放射線一般

大強度陽子ビームに晒される金属はどのくらい損傷するのか

高エネルギー陽子ビームを用いる加速器駆動システムの安全に貢献 2020-07-01 日本原子力研究開発機構,J-PARCセンター,高エネルギー加速器研究機構 【発表のポイント】 高レベル放射性廃棄物の減容化・有害度低減のため研究...
2000原子力放射線一般

第12回東京電力福島第一原子力発電所における事故の分析に係る検討会

開催の詳細 日時:令和2年06月25日(木) 14:30~18:00 場所:原子力規制委員会(東京都港区六本木1丁目9-9 六本木ファーストビル13階)会議室A その他:傍聴希望については別添参照 別添 東京電力...
2000原子力放射線一般

放射性物質の様々な条件の大気拡散計算を高速化~新開発の「WSPEEDI-DB」で計算時間が1/100に!~

2020-06-11 日本原子力研究開発機構 【発表のポイント】 従来の大気拡散予測システムWSPEEDIは、福島第一原子力発電所事故を契機に高度化し詳細解析を行い、また北朝鮮による核実験時の拡散予測に応用されてきた。しかし、高度な予測モ...
2000原子力放射線一般

河川の放射性セシウム濃度、減少続く~過去 3 年にわたる連続的な調査結果から~

事故後4〜7年にかけて、福島県南相馬市の太田川と浪江町の請戸川における毎月の放射性セシウム137濃度を観測し、その時間変化を明らかにした。
2000原子力放射線一般

情報提供 異常なし(第1報)茨城県南部で発生した地震の影響

4月12日0時44分頃に茨城県で発生した地震による原子力施設への影響について、施設の異常情報は入っていません。(1時20分現在)
2000原子力放射線一般

燃料デブリの臨界性に対する不確かさを評価する

廃炉作業の燃料デブリ取出しに際しては、臨界安全の観点から、燃料デブリの臨界性をコンピュータ解析によりあらかじめ推定することが重要。ワイエルシュトラス関数を用いて連続的に組成が分布する体系をコンピュータプログラムで計算する手法を開発した。
2000原子力放射線一般

溶融燃料(燃料デブリ)の硬さを計算で明らかにする~第一原理計算による燃料デブリの機械的特性評価

燃料デブリの機械的特性に注目し、原子レベルのシミュレーションによって評価することに成功した。
0107工場自動化及び産業機械

狭い空間に適用可能な管内レーザ溶接技術を開発

核融合炉内機器用の冷却水配管を配管の内側からレーザを用いて溶接する技術を拡張し、配管を確実に溶接できる技術を開発した。
スポンサー
タイトルとURLをコピーしました