01機械部門

スポンサー
1700応用理学一般

微小な重力の測定を可能とする小型低雑音重力センサーを開発

重力波検出器の開発で発展した技術を応用することで、従来の限界よりも3桁軽い100mgの物体が生成する微小重力を1秒で測定可能な低雑音の重力センサーを実現した。
0403電子応用

超省エネ・小型の原子時計の開発に成功~自動車やスマートフォン、小型衛星などにも搭載可能な高精度時計~

高精度でありながら2 mWという超低消費電力な周波数シンセサイザの実現および新たな量子部パッケージによる温度コントロールの効率化で、60 mWの超低消費電力な小型原子時計の開発に成功した。
90医学

スマート治療室が第1回日本オープンイノベーション大賞 厚生労働大臣賞を受賞

自動車部品製造の自動化技術を医療の現場に導入・明確な知財戦略のもとシームレスな開発を実施し、多様な医療機器接続をマルチに管理できる画期的なシステムを開発した。
0101機械設計

宇宙探査イノベーションハブの共同研究成果~世界最高クラスの小型高効率モータ開発に成功~

開発した小型高効率モータは、①質量が25g、出力50Wで連続運転可能、②低速から高速、低出力から高出力の広範囲に亘って80%以上の効率、③毎分15,000回転以上の高速回転では広範囲に亘って85%以上の効率達成、④発熱が極めて少ない。
1600情報工学一般

工場での生産準備作業を効率化するAI技術を開発

工場での生産前に必要となる、FA(ファクトリーオートメーション)機器の調整やプログラミングなどの生産準備作業を大幅に効率化するAI技術を開発した。
01機械部門

青色半導体レーザー装置の世界最高出力1kWを達成

従来の青色半導体レーザー技術では難しいとされている数ミリメートル厚の銅や金のレーザー切断加工の実現に向けて前進しました。本技術は、航空・宇宙・電気自動車などの産業において、部品加工に活用されることが期待されます。
01機械部門

トラック輸送の生産性革命「ダブル連結トラック」の本格導入を本日よりスタート

平成28年10月より「ダブル連結トラック」の実証実験を進めてきた。省人化の効果や走行の安全性等が確認されたことから、特殊車両通行の許可基準を緩和し、平成31年1月29日より新東名を中心にダブル連結トラックの本格導入をスタートします。
01機械部門

生物の複雑適応システムの進化機序に新たな規則を発見

アリの集団採餌を模倣した群ロボットシステムを用いることで、自己組織化を伴う複雑適応システムが進化する際に、システムを補助する性質がシステムそのものに先立って生じるという、一見矛盾した規則が存在することを発見した。
1600情報工学一般

世界初、空港で「航空機出発遅延抑制システム」の基礎評価試験を実施

航空機燃料の省エネ化を目的に、顔認証で登録された搭乗者の空港内位置情報を短時間で把握し、未搭乗者の預け入れ荷物を迅速に取り降ろす「航空機出発遅延抑制システム」を開発した。
01機械部門

熱流センサーを用いた相変化中の物質の熱流出入量の計測技術を開発

フレキシブルな袋状の熱流センサーを開発し、相変化中で温度が一定の物質の熱の流出入量を定量的に計測する技術を開発した。また、相変化材料への熱流入量をリアルタイムで計測し、外部端末に表示させるシステムを開発した。
スポンサー
タイトルとURLをコピーしました