1801細胞遺伝子工学一覧

肝臓のインスリン感受性を制御する脂質を発見

肝臓のインスリン感受性の制御に、Elovl6を介したセラミドの脂肪酸鎖長の制御が関与していることを発見し、肝臓でElovl6を阻害することで、インスリン作用を阻害する脂質の蓄積を抑制し、インスリン抵抗性になりにくくすることを明らかにした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク