1802生物化学工学

スポンサー
1801細胞遺伝子工学

オスとメスの違いは、性染色体が生み出すのか、ホルモンが生み出すのか。

2020-07-06 国立遺伝学研究所 Differences in the contributions of sex linkage and androgen regulation to sex-biased gene expressi...
1801細胞遺伝子工学

筋ジストロフィーモデルマウスにおけるヒトiPS細胞由来骨格筋幹細胞の移植効果を確認

2020-07-03 京都大学iPS細胞研究所,日本医療研究開発機構 ポイント 筋肉の高い再生能をもつ骨格筋幹細胞注1)をヒトiPS細胞から分化させることに成功した。 ヒトiPS細胞から分化させた骨格筋幹細胞をデュシェンヌ型筋...
1801細胞遺伝子工学

ノロウイルスは感染前に粒子の形を変化させることを発見

ノロウイルスの感染メカニズムの解明に大きく前進 新規治療薬・ワクチンの開発に期待 2020-07-03 生理学研究所,北里研究所,日本医療研究開発機構 自然科学研究機構生理学研究所の村田和義准教授、ソン・チホン特任助教は、北里大学の片山...
1802生物化学工学

匂いのハーモニーが生み出される仕組みを解明

鼻の中で生じる抑制性応答、拮抗作用、相乗効果を生きた動物で実証 2020-07-01 九州大学,理化学研究所 九州大学大学院医学研究院の今井猛教授、同大学院医学系学府修士課程1年の岩本昌和大学院生、日本学術振興会の稲垣成矩特別研究員、理...
90医学

新しい脳内情報伝達様式を発見~病態の発症・治療への手掛かりに~

2020-07-01 慶應義塾大学医学部,生理学研究所,日本医療研究開発機構 概要 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室の田中謙二准教授、吉田慶多朗研究員(研究当時)、名古屋大学の山中章弘教授、生理学研究所の小林憲太准教授、北海道大学の...
1801細胞遺伝子工学

キンギョの様々な形態はどうやって生み出されたのか?

2020-06-2-30 国立遺伝学研究所 The Genetic Basis of Morphological Diversity in Domesticated Goldfish Tetsuo Kon, Yoshihiro Omor...
1802生物化学工学

植物のストレスをスマートフォンに知らせるナノセンサー

(Nanosensor can alert a smartphone when plants are stressed) 2020/4/15 マサチューセッツ工科大学(MIT) ・ MIT が、傷、感染や光による損傷等のストレスに対...
1801細胞遺伝子工学

神経細胞を光によって操作し、サルの手を動かすことに成功

2020-06-26 生理学研究所,東北大学大学院医学系研究科,日本医療研究開発機構 概要 光で活性化する物質を細胞に発現させ、光によって細胞の機能を制御する技術(オプトジェネティクス、光遺伝学)は、脳の刺激方法を革新し、脳の仕組みの解...
1801細胞遺伝子工学

自閉症や統合失調症、薬物依存など、様々な精神疾患に関わるAUTS2遺伝子が シナプスの形成や恒常性維持に関わることを発見

2020-06-26 精神・神経医療研究センター  国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター(NCNP)神経研究所病態生化学研究部の堀啓室長および星野幹雄部長らの研究グループは、自閉症や統合失調症、薬物依存など、様々な精神疾患に関わ...
1802生物化学工学

細胞の追いかけっこが波を作る~細胞の追随運動が細胞密度を伝搬させるメカニズムを解明~

2020-06-26 理化学研究所,シンガポール国立大学メカノバイオロジー研究所,筑波大学 理化学研究所(理研)生命機能科学研究センターフィジカルバイオロジー研究チームの柴田達夫チームリーダー、早川雅之研究員、シンガポール国立大学メカノバ...
スポンサー
タイトルとURLをコピーしました