WILLER TRAINS株式会社 宮津線の踏切障害事故(令和2年1月29日発生)

ad
ad

2020-10-29 運輸安全委員会

概要

報告書番号:RA2020-5-3

発生年月日:2020年01月29日

区分:鉄道

発生場所:宮津線 東雲駅~丹後神崎駅間(単線)[京都府舞鶴市] 上油江踏切道(第3種踏切道:踏切遮断機なし、踏切警報機あり、西舞鶴駅起点12k428m付近)

事業者区分:中小民鉄

事業者:WILLER TRAINS株式会社(法人番号 1120001185166)

事故等種類:踏切障害事故

都道府県:京都府

概要:WILLER TRAINS株式会社の宮津線西舞鶴駅発豊岡駅行き下り普通第237D列車の運転士は、令和2年1月29日(水)、東雲駅~丹後神崎駅間を速度約55km/hで惰行運転中、上油江踏切道(第3種踏切道)の手前で右側から同踏切道に進入してくる軽自動車を認めたため、非常ブレーキを使用するとともに気笛を吹鳴したが列車は軽自動車と衝突して停止した。停止後、運転指令へ事故の報告をするとともに、軽自動車の運転者の状況を確認し警察への通報及び救急車の手配を依頼した。
この事故により、同運転者が死亡し、乗客2名が軽傷を負った。

原因:本事故は、踏切警報機が設けられている第3種踏切道である上油江踏切道において、列車が接近して踏切警報機が動作している状況で軽自動車が同踏切道に右側から進入したため、列車と衝突したことにより発生したものと考えられる。
列車が接近し、踏切警報機が動作している状況で軽自動車が同踏切道に進入した理由については、軽自動車の運転者が列車の接近に気付かなかった可能性が考えられるが、運転者が死亡していることから、明らかにすることはできなかった。

死傷者数:死亡:1名(運転者)、負傷:2名(乗客)

公表年月日:2020年10月29日

報告書(PDF):

タイトルとURLをコピーしました