車両乗降時の段差・隙間の解消に向けた技術開発に着手

スポンサーリンク

車椅子をご利用のお客様に安心・快適にご利用いただくために

2020-02-14   JR西日本

 当社は、「JR西日本技術ビジョン」のありたい姿として、魅力的なエリア創出の一翼を担う鉄道・交通サービスの提供を掲げ、多様なお客様へシームレスにご利用いただける鉄道を目指しています。
 今般、車椅子をご利用されているお客様にスムーズに乗降いただくため、車両乗降時の駅ホームと車両間の段差・隙間の解消を可能とする機構(以下、車椅子段差解消機構)の開発に着手し、試作機での実証実験を行いますので、お知らせいたします。

詳細

1 目的
 車椅子段差解消機構の試作機での動作安定性の検証や被験者による乗降試験などにより、本機構を鉄道環境下でご利用いただく上での課題を抽出し、さらなる改良に繋げていきます。

2 実施概要
(1)場所
 大鉄工業株式会社 技術研修センター (兵庫県三田市福島字宮野前501番27)

(2)スケジュール
 2020年2月13日(木曜日)から2月末ごろまで (予定)

3 実証実験の内容
 大鉄工業株式会社技術研修センター内訓練用ホームへ車椅子段差解消機構の試作機を設置した上で、以下の検証を予定しています。

(1)ホーム設置環境での動作安定性や発生するリスクの検証
 ・屋外条件や車両乗降口に対して、安定した動作が可能かを検証します。
 ・ホームに本機構を設置することにより想定されるリスクを抽出します。

(2)車椅子被験者による乗降試験
 ・車椅子をご利用されている方に、本機構を用いた車両への乗降を体感いただき、ご利用いただく上での課題を抽出します。

4 車椅子段差解消機構の概要、実証実験イメージ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする