カメルーン品質・生産性向上(カイゼン)推進を通じた総合的中小企業振興プロジェクト

スポンサーリンク

ODA(Integrated SME Promotion Project with the Enhancement of KAIZEN in Cameroon)

【写真】プロジェクトの様子

国名 カメルーン [協力地域地図]
協力期間 2019年2月〜2023年3月
事業 技術協力
課題 民間セクター開発

プロジェクトの紹介

カメルーンには、第三次産業を中心に約10万社の企業が存在し、経済・雇用の重要な役割を果たしています。そのほとんどが中小零細企業で、起業して2年目までの廃業率は57パーセントに達します。同国政府は中小企業振興機構を設立し、企業の持続性を高めることに加え、雇用の安定化、経済競争力の向上を図るためコンサルティングを中心としたビジネス開発サービス(BDS)などを展開しています。2026年までに5000社の中小企業に対してBDSを提供することを目標として、この協力では、首都ヤウンデおよび経済都市ドゥアラを中心に中小企業振興にかかる政策推進やBDSを担う人材育成、BDS提供システムの強化を図り、同国の中小企業振興に寄与します。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2
  3. 写真3
  4. 写真4
  5. 写真5
  6. 写真6
  7. 写真7
  8. 写真8
  9. 写真9
  10. 写真10

キャプション

  1. 研修の様子
  2. 研修の様子
  3. 研修の様子
  4. 研修の様子
  5. 研修の様子
  6. 研修の様子
  7. 研修の様子
  8. 研修の様子
  9. 成果発表会
  10. 修了証授与式

 

事業評価情報

関連情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする