バングラデシュ :マタバリ港開発事業(第一期)

スポンサー
スポンサー
スポンサー

ODA(Matarbari Port Development Project (1))

【写真】プロジェクトの様子

国名 バングラデシュ [協力地域地図]
借款契約(L/A)調印 2019年5月
事業 有償資金協力
借款契約額 388.66億円
課題 運輸交通

プロジェクトの紹介

バングラデシュでは、GDPの成長に伴い、貨物貿易額が過去10年間で年平均約11パーセントの伸びを記録しており(出典:国際通貨基金2018年)、コンテナ貨物需要は更に増加することが見込まれています。コンテナ貨物の98パーセントを扱うチッタゴン港は、既に貨物取扱可能量の上限を超えており、また水深が7.5~9.5メートルと通常より浅いため、将来の貨物需要に対応できる新たな湾港開発が課題となっています。この協力では、チッタゴン管区コックスバザール県マタバリ地区において、コンテナおよび一般貨物増加に応える多目的商業港を建設します。これにより、増加する貨物取扱容量の向上を図り、物流促進に寄与します。

協力現場の様子

  1. 写真1
スポンサー

キャプション

  1. 完成イメージ図(図は第一期以外の完成イメージを含む)

事業評価情報

評価結果要約(事前・中間・終了時・事後ほか要約表)

関連情報

関連記事など

タイトルとURLをコピーしました