北仲通南地区(第 1 工区)/横浜市中区 

スポンサーリンク

2013-05 UR都市機構(タイムトリップ)

北仲通南地区(第 1 工区)/横浜市中区  当地区は、関内地区とMM 21 地区との結節点に位置しています。かつ ては、中小の業務ビルや駐車場などの低未利用地が地区を占め、立地にふ さわしい土地利用がなされていない状況でした。
 既存都心地区とMM 21 地区の連担および都市計画道路「栄本町線」の 整備を目指し、平成元年、神奈川県と横浜市から当機構(当時の住宅・都 市整備公団)に、当地区における市街地再開発事業の施行要請(約 3.0ha) がなされました。第1工区建物は平成 15 年に竣工、低層部は、栄本町線 の計画地上にあった旧横浜銀行本店別館(元第一銀行横浜支店)のバルコ ニー部分を曳家※ 工事で復元し、新旧横浜が融合した顔づくりがなされて います。また、平成 16 年にみなとみらい線「馬車道」駅の開業と栄本町 線の全面開通が実現し、横浜都心部の再編に重要な役割を果たしています。
※ 建物や橋、重量物などをそのままの状態で移動する建築工法

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク