ツバル離島開発用多目的船建造計画

スポンサーリンク

ODA(The Project for the Construction of the Multi-Purpose Vessel for Outer Islands Development)

【写真】プロジェクトの様子

国名 ツバル [協力地域地図]
贈与契約(G/A)締結 2018年12月
事業 無償資金協力
供与額 4.63億円
課題 運輸交通

プロジェクトの紹介

ツバルで水産業は、食糧保全と国民の生計手段の観点からも重要な産業です。政府は各島に地域漁業センターを整備し、過去に日本が供与した漁業支援船を用いて漁業の技術・運営指導を行っています。住民の疾病などの緊急を要する際の重要なライフラインとしても利用されているこの船は、もともと貨客の運搬には向いておらず、老朽化が進み安全性にも問題を抱えているため、代替船の建造が課題です。この協力では、漁業支援船の代替船として貨客輸送にも対応した多目的船を建造します。これにより、運搬・指導などに従事できる航海日数が延びることも見込まれ、同国の漁業振興のみならず海上輸送にも貢献します。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2
  3. 写真3
  4. 写真4
  5. 写真5
  6. 写真6
  7. 写真7

キャプション

  1. マナウイ号。老朽化が進んでいる。
  2. 船内の様子。
  3. 乗客は天幕の下の仮設スペースで過ごす。
  4. 破損がみられる船上の様子。
  5. 船底の様子。
  6. スリップウェイ。水中のレールは健全だが、水上部特に水しぶきがかかる箇所の衰耗が激しい。
  7. 水産用桟橋があったが崩壊している。

事業評価情報

関連情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク