スリランカ貧困緩和マイクロファイナンス事業(2)

スポンサーリンク

ODA(Poverty Alleviation Micro Finance Project (2))

【写真】プロジェクトの様子

国名 スリランカ [協力地域地図]
借款契約(L/A)調印 2008年7月
事業 有償資金協力
借款契約額 25.75億円
課題 都市開発・地域開発

プロジェクトの紹介

スリランカでは2006年当時、人間開発指数(識字率、基礎医療、基礎教育へのアクセス)が同程度の経済開発状況の国と比較して高く、潜在的な開発ポテンシャルが高い状態にありました。しかしながら、長年にわたり内戦の影響を受けた北・東部地域や、プランテーション地域、農村の乾燥地域などにおいては開発の遅れが見られました。この協力では、北・東部とその周辺に広がる貧困地域の貧困層を対象に融資を行い、また関係金融機関と受益者にトレーニングを実施することにより対象者の所得水準を向上を図り、貧困緩和に寄与しました。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2
  3. 写真3

キャプション

  1. 融資活動の一例 活動する機会を得た女性が社会で通用できるスキルを身に着け、自信がついたとの声が聞かれている。
  2. 融資活動の一例 酪農
  3. 融資活動の一例 レンガの生産

事業評価情報

関連情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク