福祉用途の小型高濃度酸素発生器で、スポーツサポート技術の確立を目指す

スポンサーリンク

VIGO MEDICAL(株)がサッカーJ1大分トリニータに無償貸与し、効能を検証

2019-02-19 新エネルギー・産業技術総合開発機構

NEDO事業の成果をもとに、VIGO MEDICAL(株)は、2014年1月に福祉用途向けに製品化した小型高濃度酸素発生器「オキシーズ®」を、今回、2019年1月1日から1年間、サッカーJ1リーグ大分トリニータへの無償貸与を始めました。

大分トリニータの選手が「オキシーズ®」を使用し、VIGO MEDICAL(株)が半年後と1年後に選手のバイタル計測(体温、血圧、心拍数、走行距離、スプリント回数の増減)と血液検査を行います。VIGO MEDICAL(株)は、これらの結果を分析することで、トップアスリートのための血流促進や疲労回復などの高濃度酸素の効能を検証し、その有効性を追求するとともに、さらなるスポーツサポート技術の確立を目指します。

大分トリニータの選手たちと小型高濃度酸素発生器「オキシーズ®」

大分トリニータの選手たちと小型高濃度酸素発生器「オキシーズ®

1.概要

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、心身の機能が低下した高齢者や障害のある人の健康の増進、生活の質の向上(QOL)に貢献する技術の確立を目指して、福祉用具の実用化開発を行う中小企業に対して助成を行う「課題解決型福祉用具実用化開発支援事業」を1993年から実施しています。

この事業において、VIGO MEDICAL株式会社は、高齢化社会が急速に進む現代で、加齢やストレスなどで肺活量が低下し必要な酸素を自力で取り入れにくい呼吸弱者が増加する中で、いつでもどこでも手軽に酸素を補給できるように、持ち運びやすい小型高濃度酸素発生器の開発を2011年から2013年まで行いました。そして、この成果をもとに、小型高濃度酸素発生器「オキシーズ®」を製品化し、2014年1月より販売しています。「オキシーズ®」はA4サイズ(縦29cm、横8cm、奥行き18.6cm)、重量約2.6kgです。

今回、VIGO MEDICAL(株)は、2019年1月1日から1年間、サッカーJ1大分トリニータのクラブスポンサーになり、小型高濃度酸素発生器「オキシーズ®」をチームに11台無償貸与を始めました。大分トリニータの選手が「オキシーズ®」を使用し、VIGO MEDICAL(株)が半年後と1年後に選手のバイタル計測(体温、血圧、心拍数、走行距離、スプリント回数の増減)と血液検査を行います。VIGO MEDICAL(株)は、これらの結果を分析することで、トップアスリートのための血流促進や疲労回復などの高濃度酸素の効能を検証し、その有効性を追求するとともに、さらなるスポーツサポート技術の確立を目指します。

また、VIGO MEDICAL(株)は、スポーツサポート技術の確立を通じて得られた知見をもとに、研究開発事業の当初目的である、加齢やストレスなどで肺活量が低下し必要な酸素を自力で取り入れにくい呼吸弱者向け小型高濃度酸素発生器「オキシーズ®」のさらなる改良と事業展開を進めます。

2.問い合わせ先
(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO イノベーション推進部 担当:中村

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:藤本、坂本、佐藤