パプアニューギニア 鉱業環境行政能力向上プロジェクト

スポンサーリンク

ODA(The project for capacity development on mine waste management)

【写真】プロジェクトの様子

国名 パプアニューギニア [協力地域地図]
協力期間 2015年8月~2021年7月
事業 技術協力
課題 資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

パプアニューギニアでは、その財政上鉱業の収益が最も大きく、過去10年間の鉱業投資の増加により輸出収入の7割以上を占めています。一方で鉱山廃棄物に配慮し、環境保全と経済成長との調和を図る必要がありますが、その管理を行う鉱業政策災害監理省では、環境と社会経済への影響を評価するためのデータ管理システムや人材が不足しているという問題を抱えています。この協力では、鉱山廃棄物政策の改善提案、鉱山環境データベースの整備、鉱山廃棄物管理に係る技術指導および人材育成を支援します。これにより、鉱山廃棄物を適切に管理するための行政能力の強化に寄与します。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2
  3. 写真3
  4. 写真4
  5. 写真5
  6. 写真6
  7. 写真7
  8. 写真8
  9. 写真9
  10. 写真10

キャプション

  1. 現場研修(河川における水質簡易計測)の様子
  2. 現場研修(鉱山施設内における水質簡易計測)の様子
  3. 簡易水質測定利用方法の講習会の様子
  4. 鉱山査察研修の様子
  5. 本邦研修(休廃止鉱山の視察)の様子
  6. 合同セミナーの様子
  7. 公開セミナーの様子
  8. 合同調整委員会の様子
  9. ワーキンググループ会議の様子
  10. サブワーキンググループ会議の様子
スポンサーリンク
スポンサーリンク