ヨルダン北部シリア難民受入地域廃棄物処理機材整備計画

スポンサーリンク

ODA(The Project for the Improvement of Waste Management Equipment in Northern Region Hosting Syrian Refugees)

【写真】プロジェクトの様子

国名 ヨルダン [協力地域地図]
贈与契約(G/A)締結 2018年5月
事業 無償資金協力
供与額 16.31億円
課題 環境管理、平和構築

プロジェクトの紹介

ヨルダンでは、シリア難民流入による人口増加の影響もあり廃棄物が増加していますが、廃棄物処理機材の老朽化や不足のため処理が追い付いていません。それがさらなる不法投棄の増加、廃棄物の不適正処分や野焼きの増加につながっており、環境汚染や衛生面で問題が発生しています。この協力では、ヨルダン北部シリア難民受入れ地域を対象に、廃棄物にかかる中継基地および最終処分場に必要な機材を整備することにより、同地域の衛生・生活環境改善に寄与します。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2
  3. 写真3
  4. 写真4
  5. 写真5
  6. 写真6
  7. 写真7
  8. 写真8
  9. 写真9
  10. 写真10

キャプション

  1. アグワ・シャミリヤ中継基地。新規圧縮装置を設置するためには、既存圧縮装置の向きを変える、擁壁構造の変更等、大規模な工事を伴う。
  2. アジュルン中継基地。既存圧縮装置の左側に新規圧縮装置の設置が可能。
  3. ラビエト・アルクーラ中継基地。既存圧縮装置の右側に新規圧縮装置の設置が可能。
  4. アル・ショネ・アル・ヴスタ中継基地。既存圧縮装置の右側に新規圧縮装置の設置が可能。
  5. アル・ケイダ最終処分場。北部で最大の処理面積を有する。
  6. アル・フセイニャット最終処分場。ザータリのシリア難民キャンプのごみを受け入れている。
  7. アル・バディア・アル・シャミリヤ最終処分場。北東部砂漠地域に立地し、北東部4自治体のごみを受け入れている。
  8. アル・ドゥレイリ最終処分場。中東部砂漠地域に立地し、中東部4自治体のごみを受け入れている。
  9. ニュー・ダエラ最終処分場。ヨルダン渓谷に立地し、ヨルダン川沿いの4自治体のごみを受け入れている。
  10. ジェラシュの新規中継基地建設予定地。

事業評価情報

関連情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする