鶴田ダム再開発事業完成式に工藤政務官が出席

スポンサーリンク

1月27日、鹿児島県さつま町で開催された鶴田ダム再開発事業完成式に、工藤政務官が出席しました。
鶴田ダム再開発事業は、平成18年7月豪雨で被害を受けた川内川の再度災害防止対策として、平成19年度から洪水調節機能の強化を目的として事業着手し、完成しました。
工藤政務官は式典で、「鶴田ダム再開発事業の完成により、流域の安全・安心の向上と社会基盤の安定に大いに貢献するとともに、鶴田ダムを地域資源の一つととらえた観光振興にも大いに寄与するものと期待している。」と挨拶しました。
また、式典の後には、鶴田ダム堤体内、川内川激甚災害対策特別緊急事業で整備された伊佐市の曽木分水路、湧水町のかわまちづくり整備箇所を視察しました。

鶴田ダム再開発事業の概要 川内川河川事務所

http://www.qsr.mlit.go.jp/sendai/tsuruta-damu/pdf/gaiyou.pdf

スポンサーリンク
スポンサーリンク