新門脇地区/宮城県石巻市

スポンサーリンク

2018/08 UR都市機構,タイムトリップ

  石巻市新門脇地区周辺は、被災前は戸建て住宅が建ち並ぶ住宅地でしたが、東日本大震災の
大規模な津波によって、ほとんどの家屋が流失し、市内で最も壊滅的な被害を受けました。
URは、平成24 年1月から石巻市に職員を派遣し、復興計画策定の支援をしてきました。
特に新門脇地区は、既存の家屋や寺院・墓地もあり造成や基盤整備が難しく、また、地権者が
約450 人と多いことから、市からの要請により土地区画整理事業、下水道事業および復興公営
住宅整備事業を一体的に受託しました。
復興公営住宅の2カ所(計151 戸)については、平成28 年度までに整備・引き渡しを完了。
今般、土地区画整理事業に伴う工事が全て完了し、8月18 日(土)に竣工式典を行いました。
事業は、平成31 年1月末に換地処分公告を行い、年度末に受託業務を完了させる予定です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク