2018年12月09日一覧

耐震改修技術

耐震改修技術には大きく分けて、建築物の強度や靱性(変形性能)の向上を目的とした耐震補強、地震エネルギーの吸収を目的とした制震補強、および地震力の低減を目的とした免震補強があります。

都市基盤施設

UR都市機構のまちづくりでは、拠点となる地区の整備だけにとどまらず、地域全体の居住環境を向上させることが求められている。見えないところから都市の生活を支える都市基盤施設を自治体や地元と連携しながら整備している。

鋼床版の超音波探傷

橋梁鋼床版のき裂の早期発見を行うため、首都高速では鋼床版半自動超音波探傷装置(SAUT)を開発、利用。SAUTは深さ6mm以上のき裂の検出が可能。半自動走査により高速の探傷が可能でさらにはその結果を画像として表示することが可能。

スポンサーリンク
スポンサーリンク