加齢による腸の炎症や網膜神経節細胞死が抑制されることを見いだしました

スポンサーリンク

2018/11/28  国立長寿医療センター,KIRIN株式会社

加齢に伴い様々な臓器において炎症が誘導され、蓄積されること、また一方では乳酸菌のようなプロバイオティクスによってこうした慢性の炎症が緩和されることは、これまでに様々な研究グループから報告されてきました。また、近年では、腸内常在細菌の制御を介した腸と脳といった他の組織、あるいは感覚器の一つである目などの器官との関連についても注目が高まっています。しかし、乳酸菌摂取による加齢に伴う目の老化への効果についてはこれまで報告がありませんでした。

今回、丸山らの研究グループは、KIRIN株式会社との共同研究で乳酸菌の1種であるLactobacillus paracasei KW3110を自然加齢マウスに持続的に摂取させることで、加齢に伴う腸内細菌叢の変化の抑制および小腸粘膜固有層の炎症性免疫細胞の比率が抑制されることを見出しました。加えて、加齢によって増加する血中の炎症性サイトカインについても本乳酸菌摂取によって抑制されること、さらには網膜神経節細胞の加齢に伴う細胞死も抑制されることが野生型マウスを用いた動物実験で明らかにしました。

本研究の成果により、栄養として体が取り入れた乳酸菌がどのように個体の老化を緩和させていくのか、その分子メカニズムの解明が注目される一方、このLactobacillus paracasei KW3110を用いた日常的に摂取しやすい腸や目の老化を緩和や予防する食品の開発が期待されます。

本研究成果は米国医学誌「Aging」2018年 10月19日号に掲載されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク