複合橋脚

スポンサーリンク

首都高のつくる技術

2018/11/23 首都高

特許第2757728号:構造物用弾性支承体の据付方法
特許第2726554号:複合橋脚の施工方法および位置決め装置

鉄筋コンクリート柱の主鉄筋を鋼製横梁接合部の下フランジに挿入し、充填コンクリートに定着させた鋼-コンクリート複合橋脚です。 横梁が鋼製のため、横梁用の支保工が削減できることから桁下の道路交通に対して最小限の交通規制で済み、現場工程も従来のRC橋脚と比較して短縮が図れます。

また、鋼製横梁はRC梁よりも軽量化できるため、地震時慣性力の低減により橋脚断面・基礎の小型化が図れ、経済的にも優れています。

制約条件の多い都市内高架橋の橋脚に最適の構造であり、阪神高速道路の震災復旧工事において3号神戸線にて採用されるなど、首都高以外でも多くの高架橋の橋脚に採用されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク