コンクリート接合部の耐震止水工法(HSB工法)

スポンサーリンク
プレキャスト部材の接合部に対して高弾性接着シーリング材(HSボンド)を充填し、コンクリート構造物全体の水密性・耐震性を確保する工法
開発会社 株式会社ホクエツ 区  分 工法
NETIS登録技術
本工法は、コンクリート構造物の接合部に高弾性接着シーリング材を充填して水密性・耐震性を確保する工法で、従来は縦方向連結を用いた可とう継手、ゴムリング耐震継手で対応していた。既設水路にも適用でき、目地幅の設定により最大で30mmの目地開きに対応できる。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省
スポンサーリンク
スポンサーリンク