インド:ベンガルール中心地区高度交通情報及び管理システム導入計画

スポンサーリンク

ODA(The Project for Implementation of Advanced Traffic Information and Management System in Core Bengaluru)

【写真】プロジェクトの様子

国名 インド [協力地域地図]
贈与契約(G/A)締結 2018年1月
事業 無償資金協力
供与額 12.76億円
課題 運輸交通

プロジェクトの紹介

インドのカルナタカ州ベンガルール都市圏では、人口が大幅に増加し今後も堅調な増加が見込まれています。この影響により市内の交通量も増加していますが、公共交通インフラの整備が十分に進んでいないため、通勤時間帯には激しい渋滞が発生しています。この協力では、ベンガルール中心地区において、信号システムや渋滞長計測システムなどの高度交通情報および管理システムの導入を支援します。これにより、交通渋滞が緩和され、同地域の都市環境改善および経済成長の促進につながることが期待されます。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2
  3. 写真3
スポンサーリンク

キャプション

  1. 信号システム導入対象交差点の様子(Trinity Bus Stop Junction)
  2. 渋滞長計測システム導入対象道路の渋滞状況(MG Road)
  3. 渋滞長計測システム導入対象道路の渋滞状況(Old Madras Road)

事業評価情報

評価結果要約(事前・中間・終了時・事後ほか要約表)

報告書(JICA図書館ポータルサイト)

関連情報

関連記事など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする