ブータン電力マスタープラン2040策定プロジェクト

スポンサーリンク

ODA(Project on Power System Master Plan 2040 in Royal Government of Bhutan)

【写真】プロジェクトの様子

国名 ブータン [協力地域地図]
協力期間 2017年12月~2019年12月
事業 技術協力
課題 資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

ブータンの国家財政は、水力発電の事業税収や売電収入により支えられており、国家歳入の約20パーセント、GDPの約15パーセントを水力発電分野が占めています。同国は2003年に策定された電力マスタープラン(PSMP)に基づき、水力発電開発を進めていますが、水文・気象データの蓄積が進むとともに、環境社会配慮を最大限考慮した開発の促進が求められているなど、水力発電の開発を取り巻く外部条件・環境が大きく変化していることから、PSMPの改訂が喫緊の課題となっています。この協力では、同国においてPSMP策定を支援しつつ、水力発電・電気系統局職員のPSMP策定の能力強化を図ります。これにより、最適計画に基づいた水力発電および電力系統が開発、整備され、持続可能な経済の発展に寄与します。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2
  3. 写真3
  4. 写真4
  5. 写真5
  6. 写真6
  7. 写真7
  8. 写真8
  9. 写真9
  10. 写真10

キャプション

  1. 研修の様子(Hydro planning)
  2. 研修の様子(Hydro planning)
  3. 研修の様子(PSSE)
  4. 現場調査(Chhukha-Guest house)
  5. 現場調査(Kuri Gongri-1)
  6. 現場調査(Kuri Gongri-1)
  7. 現場調査(Nikachhu Adit)
  8. 打合せ(DHPS MoEA)
  9. 打合せ(MCA Discussion)
  10. 本邦研修(八ッ場ダム)

事業評価情報

関連情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク