バングラデシュ:コミュニティ主体の健康づくりプロジェクト

スポンサーリンク

ODA(Project for Strengthening Health Systems through Organizing Communities)

【写真】プロジェクトの様子

国名 バングラデシュ [協力地域地図]
協力期間 2017年7月~2022年7月
事業 技術協力
課題 保健医療

プロジェクトの紹介

バングラデシュでは、妊産婦死亡率と5歳未満児死亡率は飛躍的に改善しているものの、依然として高い数値を示しています。さらに、新たな課題として、非感染性疾患(NCDs)が全死因の約6割を占めるまでになっていますが、NCDsの早期発見・治療のための環境は整っていません。日本は、2006年から2016年まで妊産褥婦・新生児の健康状態向上のため「母性保護サービス強化プロジェクト」を行いましたが、今後は、母子保健とNCDsの二重の課題に対する取り組みが求められています。この協力では、一次・二次の医療施設において、NCDsと妊産婦保健の統合されたサービス提供、病院サービスの質改善のための病院管理強化、NCDs予防活動の促進、プロジェクトの優良事例や教訓の他地域への拡大を行うことにより、住民の健康状態の改善に貢献します。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2
  3. 写真3
  4. 写真4
  5. 写真5
  6. 写真6
  7. 写真7
  8. 写真8
  9. 写真9
  10. 写真10

キャプション

  1. 心血管疾患に関する国の診療プロトコールとガイドライン作成に向けたワークショップを開催。ワークショップには保健省やWHOなど関係機関が参加し、活発な意見交換が行われた。
  2. ノルシンディ県およびコックスバザール県においてプロジェクト開始に伴うワークショップを開催。ワークショップには、県保健局や病院関係者、保健スタッフらが出席し、プロジェクトの概要説明やグループワークによる成果・活動のブレインストーミングを行った。写真は、ファシリテーターを務める保健省NCD課の行政官。
  3. ノルシンディ県モノホルディ郡病院において、ユニオン評議会(村落自治体)メンバーを対象に、コミュニティクリニックの機能強化に向けた研修が実施された。研修では、コミュニティグループやコミュニティサポートグループの役割についても説明が行われ、村落自治体との連携の必要性への理解が深められた。
  4. 第二次医療機関にあたるコックスバザール県病院の心臓血管疾患集中治療室(CCU)の設置支援を実施。2018年7月からの稼働開始に向け準備が進められている。
  5. ノルシンディ県とコックスバザール県において現状分析調査(医療施設調査)を県保健局と協働で実施。写真は、調査実施に関わる保健スタッフを対象に研修を行った時の様子。
  6. コミュニティクリニックの現状分析調査(医療施設調査)において、コミュニティヘルスケアプロバイダーより聞き取り調査を行う保健スタッフ。
  7. コックスバザール県チョクリア郡において、ウポジラ評議会(郡評議会)メンバーや保健スタッフと地域の健康課題について意見交換を行った。
  8. “Healthy City(健康都市)”活動の導入に向け、コックスバザールのポルショバ(地方都市)事務所で行政官より聞き取りを行った。
  9. 国レベルで開催されたラウンチングセミナーの様子。セミナーでは、プロジェクト概要や活動進捗、事業事前調査の結果等の共有を図った。
  10. コックスバザール県ラム郡のドッキンシュラジプルコミュニティクリニックにて。モニタリングのために訪問した吉村専門家とコミュニティクリニックのスタッフ。
  • プロジェクト概要(JICAナレッジサイト)

事業評価情報

関連情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク