フィリピン:コーラル・トライアングルにおけるブルーカーボン生態系とその多面的サービスの包括的評価と保全戦略

スポンサーリンク

ODA(The Project for Comprehensive Assessment and Conservation of Blue Carbon Ecosystems and Their Services in the Coral Triangle(Blue CARES))

【写真】プロジェクトの様子

国名 フィリピン [協力地域地図]
協力期間 2017年4月~2022年3月
事業 技術協力
課題 自然環境保全
対象国:インドネシア

プロジェクトの紹介

生物多様性が高いコーラル・トライアングルと呼ばれる地域の中心に位置するフィリピンおよびインドネシアは、豊かなブルーカーボン生態系(マングローブ林、海草藻場、沿岸湿地)を有し、それは地球上の炭素循環において重要な役割を果たしています。一方、沿岸部に居住している住民にとって沿岸海洋資源は重要な生計手段です。両国の貧困に起因する環境資源の搾取、経済成長に伴う水質・海洋汚染の拡大などにより沿岸部の生態系破壊や生活環境の劣化が問題となっています。また、ブルーカーボン生態系の保全や気候変動適応策と地域の持続的発展を両立させるための政策立案や意思決定に必要な科学的基礎情報は未整備です。この協力では、ブルーカーボン動態を解明し生態系サービスの包括的評価を行い、全国規模ネットワークシステムの展開とブルーカーボン戦略の提言を行うことにより、その戦略実装のための体制整備を図り、ブルーカーボン生態系保全活動の実施に寄与します。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2
  3. 写真3
  4. 写真4

キャプション

  1. 海草藻場(ブナケン国立公園、ブナケン諸島、北スラベシ州、インドネシア)
  2. マングローブ(Rhizoforaの一種)の支柱根とカワハギの仲間(北スラベシ州、インドネシア)
  3. サンゴ礁(レンボンガン島、バリ)
  4. マングローブで地域コミュニティにより行われているエコツアー(レンボンガン島、バリ)
  • プロジェクト概要(JICAナレッジサイト)

事業評価情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク