スリランカ 北中部乾燥地域における連珠型ため池灌漑開発計画策定プロジェクト

ODA(The Project for Formulating Cascade System Development Plan under North Central Province Canal)

【写真】プロジェクトの様子

国名 スリランカ [協力地域地図]
協力期間 2016年6月~2018年4月
事業 技術協力
課題 農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

スリランカの農業・畜産セクターは、国家経済において重要な役割を果たしています。この協力では北中部の乾燥地域において、ため池を多数連結させた連珠型ため池システムの開発計画を策定し、そこで提案されたプロジェクトを実施しました。それによりシステムの灌漑・防災機能が高まり、効果的な水利用による作付け率の向上や灌漑面積の拡大に取り組むことで、コメの国内自給生産に貢献します。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2
  3. 写真3
  4. 写真4
  5. 写真5
  6. 写真6
  7. 写真7

キャプション

  1. 調査対象地域のため池(アヌラダプラ県)
  2. 調査対象地域の水田の様子(アヌラダプラ県)
  3. カウンターパートとの調査方針を協議する様子
  4. 連珠型ため池システムの管理組織を議論する住民会議の様子
  5. 連珠型ため池の連結水路の実証工事
  6. ため池の堤体改修の実証工事
  7. 民間企業と連携した高収益野菜生産に関する実証調査

事業評価情報

評価結果要約(事前・中間・終了時・事後ほか要約表)

タイトルとURLをコピーしました