タジキスタン 道路災害管理能力向上プロジェクト

スポンサーリンク

ODA(The Project for Capacity Development for Road Disaster Management in the Republic of Tajikistan)

【写真】プロジェクトの様子

国名 タジキスタン [協力地域地図]
協力期間 2017年4月~2020年8月
事業 技術協力
課題 運輸交通

プロジェクトの紹介

内陸国のタジキスタンは、国内の貨物・旅客輸送を道路交通に依存しています。国土を縦断・横断する国際幹線道路は、アジアハイウェイやCAREC回廊(Central Asia Regional Economic Cooperation Corridor)に指定されて重要な機能を果たしています。しかしながら国土の約9割が山岳地帯であるため、冬季には雪崩などの雪害、春季には雪解け水による洪水被害・落石・地すべりが頻発しているものの、十分な災害復旧体制がとられておらず、また災害管理に必要なデータベースもない状況です。この協力では、同国運輸省および対象地域の道路管理事務局(SETM)において、道路災害管理の体制面や技術面の指導を行うことにより、これら関係機関と道路維持管理事務所(SEHM)が道路災害管理を効果的に行うための能力の向上を図り、対象のSETM、SEHMが管理する国際道路・国道における道路災害の軽減に寄与します。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2
  3. 写真3
  4. 写真4
  5. 写真5
  6. 写真6
  7. 写真7
  8. 写真8
  9. 写真9
  10. 写真10

キャプション

  1. 道路災害管理タスクフォース(RDMT)設立に関する井上専門家による情報収集(写真提供:Hiroshi Mita)
  2. ハザード評価(道路防災点検)屋内研修における原専門家による講習(写真提供:Hiroshi Mita)
  3. ハザード評価(道路防災点検)実施における矢切専門家他による技術指導(写真提供:Hiroshi Mita)
  4. 道路災害データベース導入時研修における小川専門家講習(写真提供:Hiroshi Mita)
  5. 機材供与したパソコンを活用した道路災害データベース操作研修(写真提供:Hiroshi Mita)
  6. 道路災害復旧研修におけるシュレスタ・古川両専門家による技術指導(写真提供:Hiroshi Mita)
  7. 機材供与した測量機材(オートレベル)の取扱い指導(RDMTフィルダブス職員支援)(写真提供:Hiroshi Mita)
  8. 予防保全対策工の現場選定に係る戸沢・原専門家とカウンターパートによる協議(写真提供:Hiroshi Mita)
  9. 機材供与した雨量計のメンテナンス技術指導(写真提供:Hiroshi Mita)
  10. 第4回合同調整委員会会議における三田総括と現地運輸省ウクマショ課長(RDMT)による進捗報告(写真提供:Hiroshi Mita)
  • プロジェクト概要(JICAナレッジサイト)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク