スリランカ電力マスタープラン策定プロジェクト

スポンサーリンク

ODA(Project on Electricity Sector Master Plan Study)

【写真】プロジェクトの様子

国名 スリランカ [協力地域地図]
協力期間 2016年6月~2018年3月
事業 技術協力
課題 資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

スリランカでは全国の電化率が98パーセント(2014年)に達していますが、近年の経済成長に伴い販売電力量も年率平均約4パーセントで増加しています。増大する需要に対応し、更なる経済成長を目指すため、電源多様化による発電コスト低減や電力供給信頼度向上、さらには再生可能エネルギーの普及促進による電源の低炭素化が喫緊の課題です。この協力では、「経済性」、「環境性」、「エネルギー安全保障」のバランスを考慮した電力マスタープラン(目標年:2040年)の策定を支援するとともに、マスタープラン実現に向けたロードマップを作成します。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2
  3. 写真3
  4. 写真4
  5. 写真5
  6. 写真6
  7. 写真7
  8. 写真8
  9. 写真9

キャプション

  1. ビクトリア水力発電所視察
  2. 本邦研修(葛野川揚水発電所視察)
  3. 電源計画に関する打合せ
  4. インテリムレポートワークショップ
  5. 配電デモンストレーション研修
  6. 第3回合同調整委員会
  7. 第2回本邦研修(中央給電指令所)
  8. 第2回本邦研修(塩原揚水発電所)
  9. 第2回本邦研修(JICA本部訪問)
  • プロジェクト概要(JICAナレッジサイト)

事業評価情報

関連情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク