特別展 明治150年記念「日本を変えた千の技術博」

スポンサーリンク

2018/08/17 国立科学博物館

明治150年を記念した本展では、明治から平成に至るまで、日本を変えた科学技術に焦点を当て、 ストーリーやキーパーソン、製品・部品、文書、写真資料などを一堂に集めて紹介します。 日本の科学技術の歩みを振り返り、その強みや面白さにスポットライトを当てることにより、科学・技術の未来を考えます。

トピックス

8/16 ホームページをオープンしました

開催概要

名称:特別展 明治150年記念「日本を変えた千の技術博」

会期:2018年10月30日(火)~2019年3月3日(日)

時間:9時~17時(金曜日、土曜日、10月31日(水)、11月1日(木)は20時まで)

※入場は各閉館時刻の30分前まで

※今後の諸事情により、開館日・時間等について変更する可能性がございます

休館日:月曜日、12月28日(金)~1月1日(火)、1月15日(火)、2月12日(火) (ただし、12月24日(月)、1月14日(月)、2月11日(月)、2月25日(月)は開館)

主催:国立科学博物館、日本経済新聞社、BSジャパン

後援:文部科学省、内閣府、日本化学会、日本機械学会、情報処理学会(順不同)

協賛:NEC、島津製作所、セイコーホールディングス/セイコーウオッチ、ニコン、桃谷順天館/明色化粧品、安川電機(五十音順)

協力:旭化成、宇宙航空研究開発機構、宇部市石炭記念館、NTT技術史料館、コマツ、産業技術総合研究所、山陽小野田市歴史民俗資料館、順天堂大学日本医学教育歴史館、新日鐵住金 八幡製鐵所、セルロイドハウス横濱館、ソニー、第一三共、鉄道総合技術研究所、テレビ東京、電気学会、東京工業大学博物館、東京大学工学・情報理工学図書館、東京大学工学部電子情報工学科 電気電子工学科、東京大学総合研究博物館、東京電力ホールディングス 電気の史料館、東京農工大学科学博物館、東芝、東北大学、東レ、日経サイエンス社、農業・食品産業技術総合研究機構、ミズノプリンティングミュージアム、郵政博物館(五十音順)

公式ページ:http://meiji150.exhn.jp/

問合せ:TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
FAX:03-5814-9898

取材に関するお問い合わせ先

「日本を変えた千の技術博」広報事務局(共同PR)
担当:秋吉、安田、斉藤

アクセス

国立科学博物館

〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
地図アプリで見る

国立科学博物館アクセスマップ

JR「上野駅」公園口から徒歩5分

京成線「京成上野駅」から徒歩10分

東京メトロ銀座線、日比谷線「上野駅」から徒歩10分

※駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。

チケット

料金表

一般・大学生:1,600円(前売券 1,400円)

小・中・高校生:600円(前売券 500円)

※本券で本展を観覧された方は、同日に限り常設展(地球館・日本館)もご覧いただけます。
※未就学児無料
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名様は無料
※価格はすべて税込
※前売券の販売は10月29日(月)まで。

主なチケットの発売場所

国立科学博物館(休館日を除く)、イープラス、ローソンチケット、チケットぴあ、セブンイレブン、その他各プレイガイド

お得なチケット

金曜・土曜限定 ペア得ナイト券

料金:2名1組 2,000円

ご注意:※金曜土曜夜間:17時~20時(最終入場は19時30分)入場可
※2名様同時入場
※会場での当日販売のみ(17時以降)
※価格はすべて税込

スポンサーリンク
スポンサーリンク