オホーツク海南部で見られる小さなクリオネと大きなクリオネの謎を解明

スポンサーリンク

オホーツク海南部で見られる小さなクリオネと大きなクリオネの謎を解明
~地球温暖化による海洋環境変化に対する生物の応答解明に期待~

2018/07/13
蘭越町貝の館
北海道立オホーツク流氷科学センター
大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立極地研究所

●オホーツク海南部沿岸に出現する小さなクリオネ(1月から3月)と、沖合に出現する大きなクリオネ(4月から7月)の集団間における遺伝的差異を世界で初めて明らかにした。
●それぞれは同種(ハダカカメガイ)であることが判明した。
●それぞれの出現タイミングと、周辺の複雑な海流の消長との一致を見出した。

研究の内容

これまでの研究で、太平洋に生息するクリオネと、北極海・大西洋のクリオネは異なる種であることが分かっています(Yamazaki & Kuwahara, 2017)。北極海・大西洋のクリオネについては、山崎・桑原(2017)によって、ダイオウハダカカメガイと和名が提唱されました。ダイオウハダカカメガイは、世界最大のクリオネ類で、体長が10cm以上になることが知られています。

オホーツク海南部では、1月から3月まで沿岸で小さなクリオネが見られ、4月から7月まで、沖合で大きなクリオネが見られます。沖合のクリオネはその大きさから、ダイオウハダカカメガイである可能性が示唆されていました。そこで本研究では、出現場所・時期・体長が異なる2集団の遺伝子解析・比較を行い、遺伝的差異を明らかにしました。

写真:上のクリオネは10mm程度の「冬クリオネ」、下のクリオネは45mm程度の「春クリオネ」。それぞれは、出現する場所と時間、さらに体長が異なるが、遺伝的に同種であることを世界で初めて明らかとしました。

結果、2集団間のmtDNA COI(Cytochrome c oxidase subunit I)領域に種レベルの違いは無く、どちらもハダカカメガイであることが解りました。しかしながら、出現場所・時間のほか、体長が大きく異なるので、1月から3月まで出現するクリオネを「冬クリオネ」、4月から7月に出現するクリオネを「春クリオネ」として、区別することとしました。これらの出現するタイミングは、①宗谷暖流、②宗谷暖流前駆水、③日本海固有水(もしくはオホーツク海の底層水)の湧昇流によって形成される冷水帯、④東樺太海流の4つの海流等の消長と一致することを見出しました。

2集団は複雑な海流によって維持されることから、追跡調査をすることで、地球温暖化、海洋温暖化に起因する海洋環境の変化に対して、生物がどのように応答するのかを解明する1つの方法になりえます。本研究成果は、Springer社(ドイツ)の海洋科学の学術誌Thalassas: An International Journal of Marine Sciencesに欧州時間2018年6月19日、オンライン公開されました。

参考図:クリオネ類全種類のmtDNA COI 領域の分子配列に基づく系統樹。ダイオウハダカカメガイ Clione limacina、ハダカカメガイ C. elegantissima、ダルマハダカカメガイ C. okhotensis、ナンキョクハダカカメガイ C. antarctica。その他はアウトグループ。背景が薄水色は冬クリオネ。背景が薄緑色は春クリオネ。どちらも、同じクレードに属する。学名の最後の番号は、DDBJ(日本DNAデータバンク)における分子配列の登録受理番号。

論文情報

雑誌名:Thalassas: An International Journal of Marine Sciences
論文名:Genetic Differences in Spatially and Temporally Isolated Populations: Winter and Spring Populations of Pelagic Mollusk Clione(Mollusk: Gymnosomata), Southern Okhotsk Sea, Japan
(時空間スケールで隔離された集団間における遺伝的な差異: オホーツク海南部におけるハダカカメガイの冬と春の集団)
著者:山崎友資(蘭越町貝の館)、桑原尚司(流氷科学センター)、高橋邦夫(国立極地研究所)
公表日:欧州時間2018年6月19日オンライン公開

研究サポート

本研究の一部は船の科学館「海の学びミュージアムサポート」(日本財団助成事業)のH29年度海
の企画展事業の助成、H28年度およびH29年度の調査・研究事業の助成、H29-H31年度国立極
地研究所一般共同研究(生物圏29-39)の助成を受けて行われました。

文献

Yamazaki, T. & Kuwahara, T. 2017. A New Species of Clione Distinguished from Sympatric C. limacina(Gastropoda: Gymnosomata)in the Southern Okhotsk Sea, Japan, With Remarks on the Taxonomy of the Genus. Journal of Molluscan Studies, 83(1): 19–26.
山崎友資・桑原尚司. 2017. ハダカカメガイ属の分類. ちりぼたん(日本貝類学会研究連絡誌), 47(1-4): 77–79.

お問い合わせ先

蘭越町貝の館 山崎友資
北海道立オホーツク流氷科学センター 桑原尚司
国立極地研究所 高橋邦夫

スポンサーリンク
スポンサーリンク