パラグアイ小規模農家の輸出農作物安全性向上プロジェクト

スポンサーリンク

ODA(Project for Improving Safety of Agricultural Exports for Small-Scale Farmers)

【写真】プロジェクトの様子

国名 パラグアイ [協力地域地図]
協力期間 2017年12月~2022年12月
事業 技術協力
課題 農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

パラグアイでは、農業従事者のうち約85パーセントが土地所有面積20ヘクタール未満の小規模農家で、主に収益性の低い伝統的作物の栽培に従事しています。1990年代に収益性の高いゴマ栽培が広がり始め、現在では小規模農家にとって重要な収入源となっています。同国産のゴマはその品質の高さから日本市場で高い評価を受け、2008年には対日最大輸出国となりましたが、2014年に残留農薬の問題が発生、また同時期に土壌病害により生産性や品質の低下、更にアフリカとの競合もあり、現在では国際競争力が低下しています。

この協力では、パラグアイのアスンシオン首都圏と5県において、小規模農家による適切な農作物栽培及び農薬管理を行い、輸出前検査制度の改善を行います。これにより、輸出農作物の品質管理体制が生産から流通、輸出までのバリューチェーン全体で改善され、安全基準を満たした輸出農作物の生産量増加に寄与します。

協力現場の様子

  1. 写真1
  2. 写真2

キャプション

  1. 乾燥段階のゴマ
  2. ゴマの花

事業評価情報

関連情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク